日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然旅行記最終回 @ニースから関空へ帰国

その1

 ニース・コート・ダジュール国際空港、通称ニース空港。年間1000万人が利用する国際空港だ。確かに、離発着する航空機の数は半端ではなかった。

 すっかりほったらかしになった昨年の公演旅行。Genji組の方々にも申し訳ないことをしてしまった。ま、公演ではなく、帰国の様子だけなので、そのままになっていた。

 で、最終の公演が終わったのが9月21日。その夜に交歓会の食事会があり、夜道を海岸沿いに歩いて余韻に浸っていた。ちょうど満月で、港に月が沈んでいくのが(目に見えて!)解ったのだが、余りの暗さと低い位置だったので思うように撮れなかった。
 夜遅くホテルに帰り、さあ荷物整理だ。朝7時半に迎えのタクシーが来るので、念入りに片付けと仕分けを必要とした。そして最後に朝イチで隣のスーパーに駆け込んでお土産のお菓子を買い込み隙間に詰める。前日の朝には近所のパン屋さんに行って、上等のバゲットを2本、既に購入済みだった。そのためにバゲット用の細長い保存袋さえ持参して行ったのだから、用意周到と言わざるを得ない。フランスのパンはとても美味しいことを知っていたので、それくらいはしなくては。大丸京都店にPAULが入ったのでそれも嬉しい話だが、所詮工場製品。個人の店舗で焼いているパンの味には勝てないだろう。海外でのお買い物は言葉が通じなくても、解っている品を買うこと自体は何とかなる。そのバゲットもスーツケースの隙間に緩衝材をかねて詰めてある。

 日本人の運転手が来てくれる、ツアー会社の車は大型のワゴンタイプのベンツ。みんな大きな荷物なので、膝の上にも大きなバッグを乗せてぎゅうぎゅう詰めで車は走り出した。これでニースともお別れかと思うとやっぱり寂しい。かなりハードな日程だったがそれ以上に楽しかった。お買い物に行ってご飯を作り、わいわいと食卓を囲む。それだけでも楽しかった。ワインも果物もパンも、生活必需品は安くて美味しい。ショッピングセンターを闊歩するのも、お土産屋さんで安くていいものを見つけるのも面白かった。たくさん買い込んだが、できればロンドンでもう1日、お買い物の時間と日帰りツアーがしたかった。きっとイギリスにはもう一度行きたいと、生涯言い続けるのではないだろうか。多分、きっと、絶対、海外公演はないだろうから。それが寂しい。でもいい経験だった。

 日航機の墜落事故があってから、特に飛行機に乗ることは怖かったのだが、1度経験すると慣れるようで、国際線の大きなGは癖になったという訳の解らないことも起こった。ただ、降下するときの耳が痛くなるあれは、年齢とともに酷くなったのだけれども。何時間にも渡って耳鳴りが治まらない。

 それはいいとして、ニースからパリまで国内線の空の旅が始まろうとしていた。南国らしいお天気と景色。眼下には荷物を機内に運び入れる作業が急ピッチだった。そんな働く車(ポンキッキか!)を見ているのも楽しい。

2-IMG_-4537.jpg
その2

 真っ青な地中海を眺めながら誘導路を走り、航空機はニースを飛び立った。はるか向こうにニースの海岸が見える。それにしても海の綺麗なこと。

3-IMG_-4539.jpg
その3

 ぐんぐん高度を上げていく。主翼のフラップを微調整しているのを見るのも面白い。

4-IMG_-4538.jpg
その4

5-IMG_-4554.jpg
その5

 気がつけばニース空港も随分と遠くになっていた。海岸からすぐに険しい地形になっていくのもよく見える。地理のお勉強のようだ。

6-IMG_-4563.jpg
その6

7-IMG_-4564.jpg
その7

 ほら、もう岩山しか見えない。人の住まない険しい山岳地帯だ。所々草地があって、放牧しているのではないかと思われるような地形もある。フランスとスイスにまたがるアルプス山脈西側を超え、機体はまっすぐパリに向かっていた。

8-IMG_-4580.jpg
その8

 眼下には万年雪をいただいた険しい岩山。翡翠色に見える小さな湖も見えた。

9-IMG_-4611_20160618151945483.jpg
その9

10-IMG_-4614.jpg
その10

11-IMG_-4616.jpg
その11

 そんなわくわくするような景色はやがて消え、小麦の農地へと姿を変えた。間もなくパリ郊外(かなりの距離があるが)シャルル・ドゴール空港だ。

12-IMG_-4620.jpg
その12

 ほら、再びフラップが忙しそうに動き始めた。

13-IMG_-4622.jpg
その13

14-IMG_20150921_105637.jpg
その14

 ごく近くなった畑に機体の影が映っている。これを撮るのがまた難しくて・・・(^^;) そんなに気合いを入れなくてもと思いつつ、必死になる。

15-IMG_-4625.jpg
その15

 ランディング。フラップが思いっきり上がっていて、中の配線が凄い!

16-IMG_-4631.jpg
その16

 ふむ、これがトランジットの関空行きかな。A820エール・フランス。

17-IMG_-4632.jpg
その17
 
 これはなんだろう。かなり大きな機体だ。

18-IMG_20150921_144835.jpg
その18

 今回の旅行は何かと時間がなくて、移動途中のスナップ写真が余り撮れていないのが心残りになっている。乗り換えの途中とか、そんなスナップ写真が面白いのに。だからいきなり機内食・・・ お昼の時刻もとうに回っていてお腹が空いた。
 時差の加減であっという間に夕暮れ、夜の地域に入ってしまう。帰りは偏西風に乗るので少し早い。それでも12時間の空の旅。今回は殆どを映画を見て過ごしてしまった。窓際3列ではなく、中央の座席だったせいもあるのだが、外の景色を撮りに行くタイミングがなかった。

 かなり後ろよりの席で、左最後尾の座席がいくつか外され、カーテンで仕切ってある。多分、病人を搬送しているのだろう。

19-IMG_20150922_083806.jpg
その19

 翌朝8時半、機体は無事に関空へ降り立った。連絡通路から見下ろすと救急車が止まっている。多分、カーテンの奥に休んでいた人を待っているのだろう。フランスから関空まで、本人も付き添いの人も、不安になりながらのフライトは長かったと思う。

20-IMG_20150922_093151.jpg
その20

 入国審査は早かった。朝のこの時刻だからだろう。荷物の受け取りもがらがら・・・(笑)隣のブースはスタッフ専用だった。当たり前なのだが、同じようにカードに記入しているのが見える。それにしても、久々の日本語のシャワー。張り紙も聞こえてくる会話も日本語なのがとても新鮮だった。メッセージボードの「お帰りなさい」の文字に感動して、ちょっと目頭が熱くなったのは誰にも言えない。思えば3週間近く、長かったなぁ。northgate、この時計を見ると関空に帰って来たのだと実感する。市内で言うところの京都タワーか。
 長い旅を共にしてきたGenji組のみんなとはここでお別れ。時間通りに迎えのタクシーが来たのだった。自分は八条口行きのリムジンバスが予約してある。ばたばたと慌ただしい挨拶だった。名残を惜しむ暇もない。いずれ近いうちに打ち上げがあるからまたすぐに逢える。それまでの辛抱だ。
 海外旅行のお土産屋さんをちらっと覗き、こんなのもあったなぁとまた欲しくなったり。殆どがお菓子ばかりなのだが、今もカメラバッグに付けているバッキンガムのクマさんはかなりのお気に入り。ポンドと時間に余裕がもう少しあったら、ロンドンのお土産がもう少しだけ欲しかった。このショップに来れば旅行の余韻に浸れるだろうか。勿論、「空美ちゃん」を兼ねてだが(^^;)

21-IMG_-4635.jpg
その21

22-IMG_-4645.jpg
その22

 それほど待たずにやって来た京都市内行きのリムジンバス。大きなスーツケースを2個預け、カメラバッグを抱えてバスに乗り込んだ。海が見える窓側の席を確保し、懐かしい景色を眺めていると疲れがどっと押し寄せてくるようだ。

23-IMG_-4648.jpg
その23

 昨年、ロシアから帰国したときは台風の暴風のど真ん中だった。台風を連れて帰ってきたのかだとか(笑)、雨女のパワーアップだとか(ほっとけ笑)、黒雲を従えて帰って来たのかだとか、散々いじられたのも楽しい思い出だったが、今回は平穏無事、ちょっとあっけないくらい。だが、海が視界から消え、下り坂の高速道路へ入っていく頃にはまぶたは閉じられていた。

 何回シリーズになったか解らなくなった海外公演ツアーの旅行記におつきあい下さいまして、誠にありがとうございました。今後、また国内での公演があれば嬉しいなぁと期待する今日この頃。このあとの予定としては、昨年秋、式年遷宮の特別公演を奉納した上賀茂神社での様子をお届けしたいと思う。
【2016/06/19 23:17】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«初夏の仙洞御所その2 キリシマツツジ | ホーム | 初夏の仙洞御所その1 藤棚»
コメント
もみぢさん、お返事が遅くなりました。

たった3週間でもとても懐かしく思えましたから、
そりゃあ年単位だったら感無量でしょうね。

今から思えば、もう1本か2本、
バゲットを買っておけばよかったなぁと(^^;)
隙間埋めにマジで役立ちました。
帰ってからも懐かしみながら朝ご飯に消えましたが。
【2016/06/24 01:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
機窓下の白い雲、フライト日和でしたね。


パンを緩衝材に使う手があったとは!
これは、目から鱗、いえパン粉(笑)

>お帰りなさい
年単位の帰国だと本当に帰ってきたなぁ~、と
思うのですが、最近は荷物検査のところで
声掛けしてくれなくなりました、前回も前々回も。
偶々だったのか、世代交代なのか、お疲れだったのか?

【2016/06/23 01:29】 URL | もみぢ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |