日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

初夏の仙洞御所その1 藤棚
1-IMG_-0226.jpg
その1

IMG_-0226 - コピー-1のコピー

 近年、御所関係の参観申し込みがかなりの高倍率・・・ ことごとく落選を続けているのだが、何とか隙間に滑り込んだ仙洞御所は藤狙い。開花時期を狙うのがまた至難の業で、この日も少し早かったのだが贅沢は言えまい。

 と言うわけでこの時期は藤とキリシマツツジが見頃となる仙洞御所のまずは藤棚を。

2-IMG_-0218.jpg
その2

 もみじ山をぐるっと回ってこの藤色が見えたときは心底ほっとした。

3-IMG_-0230.jpg
その3

 房の先にはまだ小さなつぼみがあって、盛りはあと3日先程かと思われた。ごく淡いピンク色の玉藤はまだ殆どがつぼみだった。

4-IMG_-0291.jpg
その4

 朱いキリシマツツジをアクセントに。

5-IMG_-0297.jpg
その5

 真横から見ると互い違いになった八つ橋が判らないのだが、僅かな曲線と、支柱の直線が調和がとれていて何とも綺麗かも。

6-IMG_-0304.jpg
その6

 一升石の州浜と。

7-IMG_-0310.jpg
その7

 雄滝と滝藤・・・ほども垂れてはいないけど。

8-IMG_-9359.jpg
その8

 この辺りが一番のボリューム。

9-IMG_-9367.jpg
その9

 八つ橋越しのキリシマツツジ。

10-IMG_-9390.jpg
その10

 今回新しくなったものを発見。藤棚を支える柱が銅板で覆われていた。いかにも銅板、と言う見栄えを減らすために銅板には荒削りという感じの板金加工がしてあった。解説によると、やはり風雨で木製の支柱では傷みやすいからとのこと。今はまだ新しい色目だが、そのうち色も馴染んでいくだろう。そうすればこの藤棚ももっと綺麗に見える。

11-IMG_-9416.jpg
その11

 と、その支柱を撮っているといきなりやって来たカルさん・・・仙洞御所に限らず、御所の池は鴨やアオサギのリビング状態だ。

12-IMG_-9420.jpg
その12

 もみじ橋と。

13-IMG_-9427.jpg
その13

 この2階建ての藤棚がボリュームの元。立体感を作り出す。

14-IMG_-0316.jpg
その14

 毎年同じようなアングルばかり撮って仕舞うのだが、このロケーションの根強い人気は判る気がする。勿論、来年もエントリー挑戦するつもりだ。そして秋にも。
 
   次はいつですか?

   秋の予定なんですけど、最近の気候は難しいですねぇ・・・

 毎回職員さんと交わされる会話だ。次はどうしようかな。夏にも行きたくなってきたが、もう予約が埋まってしまっているのだ。

 それではこの続きはまた今度。
【2016/06/18 08:56】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«徒然旅行記最終回 @ニースから関空へ帰国 | ホーム | 正伝永源院 キリシマツツジ»
コメント
torimy さん、こんばんは。

宮内庁の参観申し込みはネットとはがきなんよ。
定員が決まってるから、
自分の都合のいい時間帯に当選するとは限らへん。
特に人気の仙洞御所の藤、
桂離宮の桜とか、修学院離宮の紅葉、とかとか・・・
コースが決まってるから、
そのコース内でいかに違うアングルを見つけるかが難しい。
【2016/06/18 21:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
抽選かなんかでふるい落とされるの?
たいへんやな。

その7みたいな感じ 好き。
そしてキリシマはやっぱり水面によく映える ね。
【2016/06/18 14:48】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |