日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

COPPA DI KYOTO 2016 in京都府庁旧本館
1-IMG_-5030.jpg
その1

IMG_-5030 - コピー-1のコピー

 2008年から開催されているクラシックカーのイベント、COPPA DI KYOTO2016が始まった。今年は「森の京都、海の京都」をテーマに丹波・丹後の高原や海辺を走り抜ける予定。その出発式に行ってみた。先日の天神さんでのスーパーカーを見ることができなかったので、ちょっと気合いを入れて。

2-IMG_-4981.jpg
その2

 本庁の駐車場にずらりと並ぶ往年の車たち。その中に日本が誇るスーパーカーTOYOTA2000GTの姿が・・・ この車種も既にクラシックカーの仲間入りなのかと思うとちょっと悲しいものがある。しかしこのフォルム、流線型のラインがとてもエレガントだ。

3-IMG_-4983.jpg
その3

 府警の建物を背景というのもちょっと乙なもの。

4-IMG_-4994.jpg
その4

 しかしメインは旧本館の建物。では。

5-IMG_-5000.jpg
その5

6-IMG_-5003.jpg
その6

7-IMG_-5017.jpg
その7

8-IMG_-5076.jpg
その8

9-IMG_-5071.jpg
その9

 明治の建物は古いヨーロッパの旧市街地を思わせる。この場所ほど似合いの背景はないだろう。

10-IMG_-5040.jpg
その10

 こちらは府警本部の裏。

11-IMG_-5034.jpg
その11

12-IMG_-5023.jpg
その12

 正庁。

13-IMG_-5091.jpg
その13

 出し切れないくらいの車があったが、出発時刻となり先陣を切ったのは、京都ナンバーのジャガー。まぁ殆どの車がそうなのだが、男性にはシートが狭そうだ・・・ こんな車なら自分にジャストサイズなんだが(笑)
 さあ、どんどん出発していく。その中から抜粋してお届けしよう。

14-IMG_-5082.jpg
その14

15-IMG_-5085.jpg
その15

16-IMG_-5094.jpg
その16

 府警本部の裏をぐるっと回って、正庁の玄関でマークの入ったフラッグを振って貰って走り出す。

17-IMG_-5112.jpg
その17

18-IMG_-5124.jpg
その18

19-IMG_-5133.jpg
その19

20IMG_-5135.jpg
その20

21-IMG_-5143.jpg
その21

23-IMG_-5146.jpg
その22

 現代のエンジンとは全く異なったお腹に響くエキゾーストノート。やっぱりエンジン音はこの音がいい。全ての車が出発してしまったあとには微かに排気の臭い。一抹の寂しさが残った。どうかご無事で宮津まで快適なドライブをお祈りします。

24-IMG_-5150.jpg
その23

 1台1台フラッグを振るのも楽ではなかっただろう。お疲れさまでした。あとは明日のお天気が少々心配だ。
【2016/06/11 21:50】 イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«石楠花と桜 @大原三千院 | ホーム | 京都桜紀行 @花園宝金剛院»
コメント
デジ鍛冶さん、お返事が遅くなりました。

このあと用事があったのでここでしか撮れなかったというのが本音なんですが、
ここでよかったなぁって、
改めて思いましたよ。
できるならちょっと撮影会風にして下さったら、
この車たちももっと格好良く皆さんに撮って貰えたのにと、
そう思いました。
【2016/06/14 18:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、こんばんはです。
京都府庁で撮られていたんですね。
自分も大蓮寺から上七軒へ向かう途中、9時頃まで撮っていました。
旧府庁とクラシックカーの組み合わせは凄く似合いますよね。
【2016/06/13 22:27】 URL | デジタルな鍛冶屋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |