日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

襟替え 祇園東富多愛
1-IMG_-0815.jpg
その1

IMG_-0815 - コピー-1のコピー

 先日、祇園東の舞妓富多愛さんが、晴れて襟替えの運びとなった。以前から噂に聞いていたので楽しみだった。富菊ののれんをくぐって姿を見せた途端、シャッター音の凄さ・・・ 勿論、いつになくカメラマンの人数も半端ではなかったのだが。

   なんでこんなに多いんだ?

 と、待ち時間に噂し合った。あとから思えば写真家ロバートさんの功績も大きかったのかも知れない。

2-IMG_-0832.jpg
その2

3-IMG_-0833.jpg
その3

IMG_-0833 - コピー-3のコピー

 どちらかと言えば少し大人びた顔立ちの方だったので、舞妓よりは芸鼓の方がお似合いなのではと感じていたが(ちまたでもそのような噂も耳にしたことがある)、まさにその通りで、上品な顔立ちがとても美しい。後日現像しながら思ったのだが、今は現役を引いて若女将となっている、祇園甲部の綾乃さんによく似ている。上品な中にかわいらしさの残り、目元がなんとも言えない。
 木漏れ日がスポットライトのように当たっていた。

4-IMG_-0872.jpg
その4

5-IMG_-0880.jpg
その5

 みんなの要望にも応えてぐるっと一回りして後ろ姿も撮らせて貰ったら、さあ、挨拶回りに出発だ。

6-IMG_-0913.jpg
その6

 まずはお隣さん、RINKENさんから。

7-IMG_-0943.jpg
その7

8-IMG_-0956_2016052215594536b.jpg
その8

9-IMG_-0967.jpg
その9

 お気軽にお入り下さい。はい、入ります(笑)

10-IMG_-1086.jpg
その10

11-IMG_-1127.jpg
その11

 満さんの前ではお決まりの撮影タイムを僅かに取っていただく。

12-IMG_-1144.jpg
その12

13-IMG_-1204.jpg
その13

 芸鼓大所帯の繁の家では挨拶は念入りに。多分。どなたか顔を出して下さることはないかと期待したが、まあ、無理というものだ。

14-IMG_-1260.jpg
その14

 ここでは痛恨の場所取り大失敗・・・(T_T) この写真展が市内各所で行われていることは知っていたが、こちらでこんなのをされているとは知らなかったのだ。いや、出かける時間もなかったし。そして身動きできない事態になってしまった。

15-IMG_-1282.jpg
その15

 自分にはこれが精一杯だった。痛恨の一瞬。どうにも成らないときと言うのは、泣くに泣けない。

16-IMG_-1306.jpg
その16

17-IMG_-1341.jpg
その17

18-IMG_-1398.jpg
その18

 祇園を少しだけ回って、東に戻って来た。

19-IMG_-1477.jpg
その19

 この時刻になってようやく陽射しも柔らかくなった。暑さに負けて途中で帰って行かれた方もあったくらいだったので、富多愛さんは大丈夫だっただろうかと心配したが、この通り、涼しいお顔だ。う~ん、やはりこれは若さだろうか。このお仕事は体力勝負でもあるし。

20-IMG_-1486.jpg
その20

 挨拶回りを終えて、このあとすぐにお座敷が待っている。既に舞妓の表情から大人の芸鼓の表情に変わっている。今後の活躍がとても楽しみな方だ。

 この度は襟替え、まことにおめでとうございます。益々のご活躍をお祈りいたします。ご一緒いただいた皆さん、暑い中長時間お疲れさまでした。
【2016/05/22 21:06】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都桜紀行 @妙心寺塔頭退蔵院 | ホーム | ナガミノゲシと葱坊主»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |