日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @清流亭
1-553A5380.jpg
その1

553A5380 - コピーのコピー

 非公開の茶室清流亭。企業の所有する別荘庭園だ。しかし道路から見事な桜を拝見することはできる。それでも内部が見たいという人は、サイトがあるので内部を見ることも可能。

 この日、南禅寺の撮影を終えてこちらへ偵察。

2-553A4941.jpg
その2

3-553A4959.jpg
その3

4-553A4961.jpg
その4

5-553A4984.jpg
その5

6-553A5046.jpg
その6

 南禅寺方面から角を曲がってこの通りが目に入ったときの桜並木は、いつも感嘆の声を上げたくなる。並木と言うには少しまだ早かったのだが、桜色の群生はそれはもう見事だ。
 でもやっぱり少し早いので再訪。

7-553A5336.jpg
その7

 日程が取れなくて、ようやく再訪できたのは仕事終わりの夕暮れ間近。真横から陽が差す逢魔が時だった。

8-IMG_5276.jpg
その8

9-IMG_5957.jpg
その9

10-IMG_5971.jpg
その10

 真横からのスポットライトはいいような悪いような・・・

11-IMG_5973.jpg
その11

13-IMG_5975_20160430140024798.jpg
その12

 この部分では柔らかい光になり、ちょうど見頃の八重紅のふわふわした花びらの愛らしいこと。

14-IMG_5979.jpg
その13

 柔らかい光もつるべ落とし。辺りは徐々に暗くなってきたのが解った。

15-IMG_5983.jpg
その14

16-IMG_5984.jpg
その15

17-IMG_5991.jpg
その16

18-IMG_5987.jpg
その17

19-IMG_6003.jpg
その18

20-553A5370.jpg
その19

21-IMG_6027r.jpg
その20

 宵闇迫る薄暗い中、枝垂れ桜の妖艶な淡い桜色だけが浮かび上がっていた。
【2016/04/30 20:18】 2016桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都府警察音楽隊 @八幡さくらまつり | ホーム | 桜ヤマガラの美味しい顔ってこんな顔を見る»
コメント
torimy さん、こんばんは。

夕暮れの真横からはきついなぁと思ったけど、
この金色はちょっと格好よかったね。
【2016/05/02 23:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
その17
バックライト かっこいい
【2016/05/01 23:55】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
デジ鍛冶さん、こんばんは。

ここはかなりの穴場かと思いますね。
観光タクシーもお客さまを連れて来ます。
ここにお客さまがあって、
茶室の障子が開いているときもありますね。
お庭に入ったところだけでもいいので、
私も中から撮ってみたいです。
【2016/05/01 22:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、こんばんはです。
今年はタイミングが合わず見れなかった清流亭の紅枝垂れ。
観光コースをちょっと離れただけで人も全然来ないし、好い所ですよね~♪
一度でいいから庭の中から撮ってみたいです。
【2016/04/30 20:27】 URL | デジタルな鍛冶屋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |