日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

護王神社 御輿
1-IMG_5607.jpg
その1

 護王神社の大祭に伴う行列だと思うのだが、撮影の帰り御所九条邸前で建礼門の前に黄色い衣装を着けた人たちが臣ここ志を担いでいるのがはるか遠くに見えて、これは行かなくては走りにくい砂利道をチャリで走った。砂利でタイヤを取られるし、もう間に合わないかもと思ったが、人間必死になればなんでもできるものだ。ちゃんをロックもかけて追いついた。撮影が絡むと余計に火事場の馬鹿力と言うのがでるのだろう、きっと、いや、絶対に・・・ 撮影は4月3日。ちょうどお昼頃だった。

2-IMG_5529.jpg
その2

 大文字を背景にしたかったが、さすがにそこまでのタイミングはなかった。

3-IMG_5533.jpg
その3

 お稚児さんの正面も撮れなかったが、

4-IMG_5534.jpg
その4

5-IMG_5536_2016042620575966f.jpg
その5

6-IMG_5542.jpg
その6

7-IMG_5547.jpg
その7

8-IMG_5548.jpg
その8

 桜背景の御神輿だけは何とか・・・ いかにも春のお祭りらしくていいものだ。

9-IMG_5554.jpg
その9

 御神輿だけで終わる予定だったが、そこめ目に入ってきたのがこれ。桜の花笠のように見えた。

10-IMG_5567.jpg
その10

11-IMG_5574.jpg
その11

12-IMG_5578.jpg
その12

 蛤御門を出るところで終わりにしようかとも思ったのだが、護王神社は近いし、ならばと追いかけてしまった。

13-IMG_5584.jpg
その13

14-IMG_5588.jpg
その14

15-IMG_5595.jpg
その15

16-IMG_5601.jpg
その16

17-IMG_5603.jpg
その17

18-IMG_5605.jpg
その18

 御神輿は中へは入らず、一旦ここで終わりになってしまった。このあとの予定が解らなかったので、自分もここで打ち止めにはなってしまったが、建礼門背景はやっぱり撮りたかったなぁと思う。折角遭遇したお祭りだったのにと、ちょっと惜しいことをした。
【2016/04/27 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«桜アトリ | ホーム | 京都桜紀行 @宇治平等院鳳凰堂»
コメント
torimyさん、こんばんは。

そうなんよ。狛犬ならぬ、狛猪・・・
和気清麻呂公をお祀りしてる神社なんやけど、
足腰のお守りが有名やね。

【2016/04/28 21:11】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
華やかで ゆったりとしたお祭りだこと!


イノシシが神様なわけ?
【2016/04/28 15:26】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |