日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然旅行記 @グラース旧市街地探検その3
1-IMG_-4201.jpg
その1

 先日の続きを。香水の街グラースも大詰めとなった。街の中心部の広場に出たのでもう一度行けそうな場所を地図で確認していると、ポンプのようなものが見えた。しかし見慣れた手押しのレバーがない。電車のハンドルのような、ぐるぐる回すように見える取っ手はある。そこへじょうろを持った女性がやって来た。

2-IMG_-4187.jpg
その2

 なるほど!やはりそうなんだと、ひとしきり感心してしまった。そこでフランス語ができないので身振りと日本語で、水を汲んでいるところの写真を撮ってもいいかと言うと、許可が出た。よし!

3-IMG_-4185.jpg
その3

 あ、カメラ目線までいただいて恐縮ですm(_ _)m 「Merci beaucoup」だけは言えるのでお礼を言って別れた。

4-IMG_-4182.jpg
その4

 今度は住宅街に岩山の姿が目の前に現れて・・・?しかし窓が見えるのだけど・・・?

5-IMG_-4183.jpg
その5

 いや、窓どころか、入り口のドアが見える。なに?これ?まさか岩を壁代わりに集合住宅を造った?不思議な造りだなぁとカメラを向けていると、どこからか男性の声で話しかけられた。

   Êtes-vous un Chinois ?(あんたは中国人かい?)

   Non,Non Japonais!(ちゃうちゃう。日本人やで)

 我々が欧米人の区別が付かないのと同様に、彼らもアジア系の区別は付かないのだろう。日本人ならある程度ChinaかKoreaの違いは瞬間で判断することもある。しかしいくら区別が付かないと言っても間違われたくないものだ。

6-IMG_-4189.jpg
その6

 とまぁこんな会話のあと、また細い路地へと足を踏み入れた。

7-IMG_-4190.jpg
その7

8-IMG_-4199.jpg
その8

 街中アート?彫りかけ・・・ではないと思うのだけど?

9-IMG_-4207.jpg
その9

10-IMG_-4210.jpg
その10

 階段のどんつきにまた古い水汲み場のようなものが見える。ちょっと行ってみよう。

11-IMG_-4213.jpg
その11

12-IMG_-4215.jpg
その12

 古い時代のこのような生活感を感じるものをみるのはとても面白い。どんな生活をしていたのだろうかと、思いを馳せるとわくわくしてしまうのだ。

13-IMG_-4222.jpg
その13

 建物をくぐるような通路。陸橋の下を利用して作った部屋の窓が見える。裏口なのか物置なのか。それより火を被ったみたいなすすけた黒い壁の方が気になる。住宅の火事なのか、それとも街が襲われて火をかけられたのか。考えたり想像したりすると、時間はいくらあっても足りないのだった。

14-IMG_-4225.jpg
その14

 今でこそここにはマンホールがあるから上下水の管理はできているが、古い時代はやはり衛生的にもあまりよくなかったのだろうか。

15-IMG_-4231.jpg
その15

16-IMG_-4241r.jpg
その16

17-IMG_-4249.jpg
その17

18-IMG_-4250.jpg
その18

19-IMG_-4255.jpg
その19

20-IMG_-4256.jpg
その20

 メインストリートまで帰ってくると人の姿が一気に増える。きっと観光客が殆どなのだろう。さすがにアジア系の姿はない。帰りにはちょっと御見世に入ってみようと思う。駐車場のすぐ眼下に「Monoprix(モノプリ)」があるのは確認済みだ。フランスの大手スーパーマーケットのチェーン店で、日本で言う所のイオンモールか。食料品の品揃えがとてもいいのだ。といいながら見るだけになってしまったのだが、見て回るのもとても楽しい。

21-IMG_20150919_130938.jpg
その21

 帰りも同じ600系統。カンヌ行きのバスだ。

22-IMG_20150919_145728.jpg
その22

 運転手さんに行き先を告げて乗車券を買うと、適当なところへ座る。さあ、これから1時間ほどカーブの多い道を帰ろう。もう少し時間も欲しかったが、欲を言えばきりがない。それだけ楽しいグラース旧市街地探検だった。

 とても疲れて居眠りをしながら帰って行ったのだが、途中、目の覚めるようなハプニングがあった。半分の行程を過ぎた辺りだろう、バス亭を出たとき、まだドアが閉まりきっていなかったのだ。幸いにも出入り口付近に立っている人がいなかったのは幸いだった。

 ではこの続きはまた今度。そろそろこの旅行記も終わりが近づいてきた。
【2016/04/11 22:30】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«タイトルなし | ホーム | 京都桜紀行 @祇園白川»
コメント
torimyさん、こんばんは。

お水を入れるところしか見てないのやけど、
赤いハイヒールでお水やりっていうところで既におしゃれやわ。
で、アジア人の区別が付かへんのは仕方ないと思うけど、
Chinaだけはいややね。あんなんと同じにせんといて欲しいわ。
【2016/04/12 23:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
もみぢさん、こんばんは。

やっぱりフランスはなにかにつけ、おしゃれですよね。
ちょっと見習いたいです。
そして多少の不便さというのも、
昔からの日本のあり方だったように思いますね。
思いっきり電子機器の中で仕事をしている身としては、
少々心が痛みますけどね(笑)
【2016/04/12 23:30】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ジョウロ デカすぎ!(笑)
そんなのお水いっぱい入れたら持てへんやん。
しかし渋くておしゃれなジョウロやな。

なるほど 間違われてしもたん?
今では圧倒的多数やからね 地球上に散らばってるアジア系旅行者での比率。
一目でわかるけどな~
顔立ち以外に ファッションとか お行儀とか まあいろいろ・・・・。
【2016/04/12 11:18】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
こんなポンプがあるんですねぇ(驚)
上下運動と違って、赤いハイヒールでオシャレ!
ロボットやドローンに席巻される暮らしより、
多少の不便さを楽しめるほうがリッチに見えます。
【2016/04/11 23:47】 URL | もみぢ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |