日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @一乗寺圓光寺
1-IMG_8304.jpg
その1

IMG_8304 - コピー-1のコピー

 カテゴリーを探したら、今年の桜紀行はまだだった・・・ 京都の桜の始まり序章は東寺の河津桜に始まり、続いて第1章が出町柳長徳寺のオカメザクラかと勝手に決めている。
 東寺の河津桜はいつものところが枝振りが悪く、どうもかなり剪定をされてしまった様子。本数も激減。だから止めた。オカメザクラは何回か通って晴れた日雨上がりの日、夕方、色々撮ったが記事にするタイミングを逃してしまったことと、写友さんたちがいっぱいアップされたのでこれも止めた。鳥絡みはたくさん撮ったので、追々それにしようと思う。

 と言ういつものように前置きが長いのだが、ここ圓光寺も最近お庭の手入れを行って桜の木をたくさん増やされた。その中に河津桜があり、ここを第2章としている。では、その河津桜を。

2-IMG_8239.jpg
その2

 山門と松並木を背景にピンク色が映える。

3-IMG_8247.jpg
その3

4-IMG_8256.jpg
その4

 さすがにこの季節、芝生はまだ枯れた色。砂利を敷き詰めた中に芝生で小島を作ってある。砂には砂紋が引いてあり、風情豊かとなっている。ここに足を踏み込んでいいものかどうかと悩んだ挙げ句、尋ねてみるのが一番と受付のご住職に尋ねたのだった。入ってもいいというお返事だったが、綺麗にしてあるのでどうも足を踏み入れるのは気が引けるので、砂紋を消さないようにそっと・・・

5-IMG_8257.jpg
その5

6-IMG_8268.jpg
その6

 晴れたり曇ったり、

7-IMG_8277.jpg
その7

 光の加減で表情もころころ変わる。

8-IMG_8281.jpg
その8

 以前は参道の石垣下にあったお地蔵さまの祠も、桜の下へと移ってお花見をしているかも知れない。

9-IMG_8289.jpg
その9

10-IMG_8293.jpg
その10

11-IMG_8318.jpg
その11

 やっと青空も広がりだして、桜のピンク色がとても綺麗に見える。

12-IMG_8328.jpg
その12

13-IMG_8325.jpg
その13

14-IMG_8334.jpg
その14

15-553A8203.jpg
その15

 春本番はすぐそこ。タイミングを逃さないよう、ぼちぼち桜紀行を開始しようか。
【2016/03/30 22:40】 2016桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«春分の日 | ホーム | 徒然旅行記 @グラース旧市街地探検その1»
コメント
sohyaさん、お返事が遅くなりました。

今年の春も天候がおかしいですね。
花たちも体調を崩して居るように見えます。
染井吉野が咲き出すと、花冷えもあります。
sohyaさんもどうかご自愛下さい。
【2016/04/01 21:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、お返事が遅くなりました。

そう、懐が深いんよ。
以前なんか、受付に居なかったら竹筒に拝観料入れといて、
だったからね。
ここは水琴窟も有名で、季節のお花が綺麗に、
でもさりげなく生けてあるのがいいのよねぇ。
【2016/04/01 21:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
■阿修羅王さま。
いつもながら旺盛なアップに敬意を表します。
何だか天気まで不順になってきました。
さて、いよいよ四月です。
陽気のように元気に参りましょう。
では、また。
【2016/03/31 16:41】 URL | sohya #-[ 編集]
砂紋の中に足を踏み入れていいなんて 大らかなお寺さんやね。
青空に白砂青松 そしてあでやかな河津桜
水仙も椿もとても細やかな美しさ  かな?
【2016/03/31 00:17】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |