日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

東山花灯路2016 狐の嫁入り巡行行列
1-IMG_-9720.jpg
その1

 なんとか1日だけ行くことが叶った狐の嫁入り巡行。もの凄い人だった。

2-IMG_-9730.jpg
その2

 紋付き袴の正装した男性に付き添われ、ちりんちりんと鐘の音を響かせながらやって来た。

3-IMG_-9742.jpg
その3

4-IMG_9743R.jpg
その4

IMG_9743R - コピー-4のコピー

 車夫のえびす屋さんも格好いい。

5-IMG_9744.jpg
その5

 紋付き袴の男性の背中にはお狐さまの面が・・・

6-IMG_9745.jpg
その6

 お付きの男性を従えたら記念撮影。ポイントポイントでプロのカメラマンが記念写真を撮ってくれるサービスが付いている。後ろの方で、観光客の若い女性が、「オジサン、どいて!」などと言うのが聞こえる。このイベントの主役に何を言うのだろう?お狐さまと旦那さまでひとつの主役なのに。ま、よそ者は放っておこう。

7-IMG_-9747_2016032122501048f.jpg
その7

8-IMG_-9749.jpg
その8

9-IMG_-9750_20160321225011eaf.jpg
その9

 記念写真が終わり、我々見物人へのファンサービスの撮影タイムが終わると、再び鐘の音とともに高台寺へと上がっていった。ふむ、来年は最後まで見届けに行こう。プロジェクションマッピングは見たくないけど。

 東山花灯路は3月21日まで。この続きはまた今度。八坂神社での奉納舞へと続く。いつになるか全くの未定ではあるが。
【2016/03/21 23:58】 イベント | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«桜メジロを見る | ホーム | 東山花灯路2016 山鹿灯籠踊り巡行»
コメント
Katsuさん、お返事が遅くなりました。

旦那さまとご一緒のお狐さまに逢われたんですか。
それこそいいことですね。
ここに向かうだけでも本当に大変でしたよ。
時間はたっぷりとあったのでよかったですけど、
ゆっくり撮れるイベントもなくなりましたね。
【2016/03/23 23:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鍵コメさん、お返事が遅くなりました。

まぁ、お金はかなりかかっているでしょうね。
それでも春のシーズンまでのOFFに、
お客を呼び込む苦肉の策が当たったと言うことです。
【2016/03/23 23:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
狐の嫁入りもすごい人出になりましたよね。
もう先回りしておくしか撮れないくらいです。
今年はホントの旦那様とご一緒されてたケースにあたりまして、いい雰囲気でした(^-^)

いつもの名調子のガードマンさんが「見ることができたというだけでもシアワセになれる狐の嫁入り~♪」と言っておられました。
いいことありますように(笑)
【2016/03/22 00:23】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/03/22 00:06】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |