日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都梅花紀行 @城南宮
1-IMG_-3755.jpg
その1

 早朝の城南宮。青空の下、枝垂れ梅も見頃を迎えた。撮影は2月28日。

2-IMG_-3772.jpg
その2

3-IMG_-3813.jpg
その3

 まだ陽も差さない神苑。

4-IMG_-3816.jpg
その4

 やがて陽が射し込んでくると、そこは輝くばかりの満開の梅花が輝き始める。

5-IMG_-3842_20160320082013c8c.jpg
その5

6-IMG_-3859.jpg
その6

  降り注ぐ薫り高い花のシャワー。

7-IMG_-3862.jpg
その7

 そのシャワーにぴよちゃんも満足そうだ。

8-IMG_-3878.jpg
その8

9-IMG_-4598.jpg
その9

 梅花を待っていたのはメジロも同じ。

10-IMG_-4604.jpg
その10

11-IMG_-4622.jpg
その11

 梅シャワーを待っていたのは私(笑)

12-IMG_-4665.jpg
その12

 そして足下の散り椿。

13-IMG_-3982.jpg
その13

 境内でも枝垂れ梅の饗宴が見られた。

14-IMG_-4710.jpg
その14

15-IMG_-4694.jpg
その15

 案外ここが一番のお気に入りだったりするわけで・・・(^^;)

16-IMG_-4638.jpg
その16

 呆れたものだと言わんばかりの梅ヒヨちゃんだった。

 ところで。北野天満宮の梅花も一応あるのだが、桜が始まってしまったので今年はお蔵入りとする。と言うより、手が回らなくなったと言うべきか。
【2016/03/20 09:38】 2016梅花紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«東山花灯路2016 山鹿灯籠踊り巡行 | ホーム | 徒然旅行記 @ニース市内観光その5 彩雲を見る»
コメント
アラックさん、こんばんは。

そう言えばここがお好きでしたよね。
残念です。
また体調を整えて参戦して下さい。
待っていますよ(^_^)/
【2016/03/21 23:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

ここの枝垂れ梅は剪定がとても綺麗やと思う。
枝振りが凄いやろ?
だから好きなんよね。ここまでボリュームがあるのも見応えがあるし。

苔椿、うん、いい表現よね。また使おう。
この御簾越しが私も凄く気に入ってる。
解って貰えてめっちゃ嬉しいな。
【2016/03/21 23:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、夢の城南宮さんをいっぱいありがとうございます、バグースです、今年は行けませんでした。
【2016/03/21 07:03】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
しだれ梅 て桜より枝が固そうというか 何となく枝ぶりがかわいい。
簾越しの苔椿もいい感じ
【2016/03/20 17:03】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |