日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都梅花紀行 @雪の下鴨神社
1-IMG_4337.jpg
その1

 春を告げる3月の声を聞いた早朝、うっすらと雪化粧で夜が明けた。夜が明けきらない下鴨神社、まだ提灯に灯りが灯っていた。

2-IMG_4343.jpg
その2

 舞殿に立てかけてある大きな申の絵馬、その申もちょっと寒そうだ。

3-IMG_4344.jpg
その3

 一礼して楼門をくぐる。そこは一面の雪景色だった。何年振りだろう、下鴨神社の雪景色は。

4-IMG_4349.jpg
その4

 この時期の目的はこれ。光琳の紅梅に真っ白の雪が積もること。先日訪れたときはまだ枝の先が咲ききっていなかったが、この朝は満開になっている。

5-IMG_4375.jpg
その5

6-IMG_4412.jpg
その6

7-IMG_4421_20160306213420d18.jpg
その7

8-IMG_4426_2016030621342054b.jpg
その8

 ひとまず定番位置だけ。出勤前のごく僅かな時間、目一杯シャッターを切ってきた。この冬は暖冬で、雪景色は2日しかなかった。これが最後だろう。前回と合わせて2ヶ所しか撮れなかった雪景色は、自分の中ではかなりの消化不良。昨シーズンが多く行けたので、どうしても比較してしまうのが辛いところ。だが、光琳の紅梅に雪が積もっている場面が見られて本当にありがたかった。
 迫ってきた出勤時刻、陽が差してきて境内が輝く景色を振り向きながらあとにした。

11-IMG_4392.jpg
その11

12-IMG_4411.jpg
その12

 上手に撮れなかったが、うっすらと明るくなり始めた西の空には、半月がこの雪梅を見下ろしていた。
【2016/03/08 00:00】 2016梅花紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«御見世だし 祇園甲部 つる居から美月(みつき) | ホーム | イカルのひとり遊びを見る»
コメント
torimyさん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

30分ほどしかなかったけど、
目一杯撮って来た。
人には教えたくない自分だけのアングルとかも(笑)
いや、行けば見つけられるなぁ。
【2016/03/10 20:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
花の咲いた古木に雪が付くと やっぱすごくきれいやな。
その上そういう場所だと余計もったいない感じがする。
【2016/03/09 00:30】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |