FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

藤の花を求めて植物園
IMG_8975盆栽の藤
盆栽の藤の花

 今年の気温ならびに天候はどうも読み切れないところが多すぎる。昨年時期を逃した平等院の藤を見に行きたいのだが、遠くまで行くのに空振りは嫌だし、植物園の咲き具合で考えようと、午後も遅くなってから出掛けた。

 というより、午前中はちょっと別件で用事があってでられなかっただけのこと。
 下鴨西通りを出雲路橋のすぐ南、その個人のお宅の駐車場には見事な藤棚がある。走りながら思わず首だけが置いて行かれそうになるくらい、そちらを振り向いてしまう。このお宅のは満開だが、植物園はどうだろう。
 結果、残念ながらもう少しかなと言う感じだったので、ならばお気に入りの場所をぐるっと廻ることにした。

IMG_8928すずめ1
すずめその1

IMG_8952すずめ2
すずめその2

 花壇の一画で数羽のすずめが騒いでいる。なんだろうとファインダーを向けると、なんとまあ、砂浴びをしている。しっかり植え付けが終わっている横で、それも2カ所。まだ土がふかふかだったのでいい具合に砂場にしてしまったに違いない。みんな我先に行きたいのか、それで騒いでいたようだ。どうやって順番を決めるのか知るよしもないが、そのうち静かになりそれなりにみんな並んで順番に砂浴びを始めた。脅かさないよう遠くから望遠で撮っていたのだが、見ていておかしかった。すずめなのにどこか人間くさい。

IMG_8672カラスの行水
からすの行水

 ちなみにこれは先日木屋町の高瀬川で見たからすの行水。洗ったのかそうでないのか早くお風呂を済ませる人のことをからすの行水と言うが、からすは案外きれい好きで、水浴びをしているのをよく見かけることがある。

IMG_8966すずめ3
すずめその3

IMG_8973すずめ4
すずめその4

 上と下で見つめ合っているわけではないが、写真を選択した順に並べてみたらこうなっていた。自分でも笑ってしまった。

 盆栽が並んでいる一画、甘い匂いに惹かれてやってくると盆栽仕立ての藤が咲き始めていた。あたりは甘い香りにむせかえりそうなくらいだ。ちらほらと、香りに惹かれた蝶のごとく、人が入ってはまた出て行く。時刻が遅くなってきており、陽も傾き始めていた。
 南門を入ったところに遅咲きのチューリップがまだ咲いていたので、最後、あれを撮って帰ろう。

IMG_9019チューリップ1
チューリップその1

IMG_9026チューリップ2
チューリップその2

IMG_9022チューリップ3
チューリップその3

 この写真を撮り、まあこんなものでお終いにして帰ろうかと顔を上げる。上げた視線の先には知った顔があり、目があった。KENさんだ。いつもニアミスですれ違いになることがあるのだが、こんなところで逢うとは思いもよらなかった。

 しかしいつもと何か印象が違う。そう、肩に掛かっているカメラのストラップが黄色いNIKONではなく、CANONの文字だ。そう、レンズも憧れの大型レンズ、白地に赤いラインが入っているあれだ。いつの間にか彼はCanonユーザーになっていた。それもどちらも私では絶対に手の出ない5Dに28-300mmの望遠だ。5Dは今少し安くなったとはいえ、レンズと合わせると一財産ほどある。

 いやいや、自分の腕相応ではないか。それでも持たせて頂いたらとても重い。1.6kgほどあるとのことで本体と足すと2kg。やっぱり私には無理だ。負け惜しみではないが、以前カメラやさんで聞いたのだが、このカメラを使うのであればそれ相当のレンズが必要だと。今自分が持っているレンズではちょっとだめと言うことだ。自分が無理ならうまい人がいいカメラでいい写真を撮って、私はそれを見せてもらって参考にする。

 これで決まり。

 しばらくおしゃべりをして、北大路で別れた。今夜はどんな写真がアップされるのだろう。とても楽しみだ。

IMG_8896虹

 今日のおまけはこれ。噴水にかかった虹。ちょっとまがい物かも知れないが、虹は虹。みんなに少しだけいいことがありますように。
【2008/04/22 23:50】 植物園 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«macroレンズ | ホーム | 源氏物語絵巻 by 西陣織»
コメント
KENさん、こんばんは。
いつも勝手にお名前を出して済みません。
またどこかでお逢いしましょう。よろしくお願いします。
【2008/04/23 22:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
 何時もニアミスばかりでしたが、
またお会いした際には、よろしくお願いします。
【2008/04/23 21:54】 URL | 京のKEN #4o3fe1ck[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |