日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @京都御所
1-IMG_-6934.jpg
その1

 長らく続いた2015年の紅葉紀行も、これが最後としたい。最後を飾るのは自分のフィールドとしている京都御所。いつでも行けると思っているとなかなか行くことがないという、困った撮影場所だ。とても広いので期間的にも長く楽しめるが、昨シーズンはイチョウを撮り損ねている。どこも紅葉の状態がよくなかったと言うことと、気象条件、そして自分の都合が上手く合致しなかったこともあり、余りあちこち行けていない。
 だからということでもないが、いいタイミングで時間の取れるときに雨も降っていい具合だ。それならばと久しぶりの御所散策を。とまぁ、いつものように前置きが長くなったが、撮影は12月11日。さすがにこの時期になると観光客も少ないのが幸いだ。そうでなければ御所と言えども混雑するから。

 まずは建春門周辺から。

2-IMG_-6924.jpg
その2

3-IMG_-6925.jpg
その3

4-IMG_-6935.jpg
その4

5-IMG_-6937.jpg
その5

6-IMG_-6939.jpg
その6

 紅葉のピークが遅れたとはいえ、12月の半ばに敷きもみじ。枝にもまだたっぷり葉が残っているし、異常すぎる。

7-IMG_-6941_20160131112031c43.jpg
その7

8-IMG_-6949.jpg
その8

9-IMG_-6953.jpg
その9

10-IMG_-6965.jpg
その10

 お天気もよくないと言うこともあるが、紅葉の時期にここまで人が居ないというものある意味凄い・・・ この先の塀は迎賓館。ここの池で鴨のお母ちゃんが子育てを行うことが多いとか。安全なのをよく知っている。

11-IMG_-6967.jpg
その11

12-IMG_-6970.jpg
その12

13-IMG_-6972.jpg
その13

 長く続く白い塀。赤いもみじがよく映える。

14-IMG_-7001.jpg
その14

15-IMG_-7005.jpg
その15

 朽ちた切り株を植木鉢に。

16-IMG_-7285_2016013111210673d.jpg
その16

17-IMG_-7291.jpg
その17

 この一画は余りにも敷きもみじがもふもふ過ぎる・・・

18-IMG_-7301.jpg
その18

19-IMG_-7303.jpg
その19

 奥には建礼門。ここのもみじは枝振りがいい。

20-IMG_-7309.jpg
その20

21-IMG_-7310.jpg
その21

22-IMG_-7313.jpg
その22

23-IMG_-7322.jpg
その23

24-IMG_-7326.jpg
その24

 イチョウが落ちきった凝華洞蹟。三色ゼリーのようだ。

25-IMG_-7329.jpg
その25

 これだけ撮ると、何処で撮ったのか忘れてしまいそうだ。しかし思った以上に綺麗だった御所の紅葉、また来シーズンも来よう。

26-IMG_-7343.jpg
その26

IMG_-7343 - コピー-26のコピー

 あれあれ・・・ ドバトが行列をくんで茂みに消えていくのが見えた。
【2016/02/01 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«新年竟宴祭(しんねんきょうえんさい) @上賀茂神社 | ホーム | 京都紅葉紀行 @龍安寺»
コメント
torimyさん、こんにちは。お返事が遅くなりました。

この子がどこまで成長させてくれるのか、
管理者の気持ち次第なんだろうけどね。
けど、芽を出す条件が整わないとあかんし、
ちゃんとした成木になって欲しいよね。
【2016/02/04 16:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
御所の中にも命のサイクルがあるね その15
【2016/02/03 07:35】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |