日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @仙洞御所
1-IMG_-7013.jpg
その1

 今年は幸いにも2回、仙洞御所参観に参加することができた。1回目は11月17日、しかし部分的に色づいていたものの、ちょっと物足りない。と言うことで再度エントリーにチャレンジ。休める日に限りがあるため選択肢は少ない。その中で何とか引っかかったのだ!修学院離宮は全滅だったので、とても嬉しい。で、12月11日、仕事中時間休を取って御所へ。

 しかしなんと言うことだ。空模様は朝から怪しい。そう、前回なんて土砂降りの中だった。

   2回目もかいな~(--;)

 そんな気分。嘆いても仕方がない。ガイドの後ろに従って行きますか・・・ ガイドの男性はいつもの楽しいお話をして下さる方。内容は毎回同じなのだが、本当に「ぷっ」と吹き出してしまう。

 時刻を待っている間にぽつぽつと降り出した小雨。本当に大きなため息もこぼれ落ちる。

2-IMG_-7027.jpg
その2

 御庭口の門から覗くと、借景の比叡山は見えるが紅葉の色が見えない・・・ やはりこの日程では厳しかったか。

3-IMG_-7032.jpg
その3

 大宮御所の説明が終わり、一行は北池の畔へと進んでいった。

4-IMG_-7049.jpg
その4

5-IMG_-7052.jpg
その5

 池周辺のもみじは殆ど散ってしまっていたが、敷きもみじはまだ鮮やかさを保っている。これは見事だ。これが仙洞御所の人気の素なのだろう。それでは池に沿って右回りに進んで行こう。

6-IMG_-7082.jpg
その6

7-IMG_-7093.jpg
その7

8-IMG_-7094.jpg
その8

9-IMG_-7101.jpg
その9

10-IMG_-7102_20151231215504813.jpg
その10

11-IMG_-7104.jpg
その11

 もみじ山と名付けられた小高い丘。その名の通り、一面もみじが植えられていて、手入れの行き届いた深い緑の苔の色と相まってなんとも綺麗なコントラストだろう。

12-IMG_-7108.jpg
その12

 南池に出ると、遮るものがなくなって風雨が強くもろに当たる。池の水面を風がさざ波を立てながら吹いていくのも見て取れる。

13-IMG_-7125.jpg
その13

14-IMG_-7132.jpg
その14

 南池西の端には山吹色の大きなもみじの木。背景を引き立ててくれている。

15-IMG_-7140.jpg
その15

 真っ赤な紅葉に挟まれた雄滝。好みとしてはもう少しオレンジが入った方が好きなんだけど。でも、いい感じ。

16-IMG_-7150.jpg
その16

 二色で囲まれた小道。

17-IMG_-7157.jpg
その17

 初夏には長く花房の垂れる藤棚も、冬は閑散として寂しい。しかし足下には華やかな色合いの敷きもみじの絨毯が彩りを添えていた。

 この続きはまた今度。
【2016/01/03 00:00】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«2015 吉例顔見せ総見 宮川町 | ホーム | 元旦に雪景色の比叡山を見る»
コメント
Katsu さん、おはようございます。

年々、参観申し込みは激戦です・・・(--;)
そんな中でのこの紅葉、涙が出そうでした(笑)
そんでもって感動です。次もトライです。
【2016/01/03 09:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今年は散り紅葉がイマイチのところばかりでしたが、これだけ色を残して散ってくれていたら及第点ですね。

仙洞御所、来年は秋を狙ってみたいと思います。
今年は残念ながら当たりませんでした~(^^ゞ
【2016/01/03 00:32】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |