FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

卯月の桜は in 京都御所その4

桜その1

IMG_7698sakura2.jpg
桜その2

 飽きもせずに桜を愛でる。

 昨日未明から強く降り出した雨は、最期の力を振り絞って咲いていたであろう桜の花びらを、地面に振り落としていった。この花たちも、今時分はどうしていることか。ひとつのしべに寄り添っていた花びらは、雨に打たれ、風に振り回され、散り散り・・・

 要望により、追加発送。

IMG_7702sakura3.jpg
桜その3

IMG_7709sakura4.jpg
桜その4

IMG_7710sakura5.jpg
桜その5

IMG_7713sakura6.jpg
桜その6

IMG_7714sakura7.jpg
桜その7

 いくら見ていても一向に飽き足らない桜。日本人の心のふるさとの、どこかで桜にまつわる思い出がある桜。
 「花は桜・・・」それだけ桜を愛してきたのだろう。バラ科の桜は種類が豊富。早咲きの糸桜から始まって、今は八重桜が見ごろを迎えている。季節は待ってはくれない。植物たちは自分に適切な時期が来れば環境がどうあれ、必ず花を咲かせる。人間にもこれだけの力強さが欲しいものだ。

IMG_7607消防車1
消防車その1
IMG_7608消防車2
消防車その2
 今日のおまけはこれ。宮内庁の消防車。この消防車をだすきっかけがなくて困っていたのだが、御所の桜を出したついでに乗せることができた。何かあったわけではなく、パトロールのようだった。折しもこの日、近畿地方は乾燥注意報が発令されていた。
【2008/04/18 23:57】 御所 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«桜を巡る諸事情その2 | ホーム | 雪桜に埋もれて in 京都御所その3»
コメント
小紋さん、お早うございます。
喜んで頂けたようで幸いです。
【2008/04/19 09:11】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ありがとございます。
 桜づくし たからづくしより ききますね。
【2008/04/19 07:37】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |