日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @高尾神護寺
1-IMG_-2447.jpg
その1

IMG_-2446 - コピー-1のコピー

 ようやく始められた紅葉紀行。京都の紅葉は高尾から始まるが、例年通り、今年もここから始められそうだ。撮影は11月6日。紅葉便りとお天気と時間の取れる日との睨み合いだ。
 夜が明ける前、真っ暗なうちから自宅を出て、バスを待つ間に白々と夜が明けていくのを見るのが好きだ。そして始発のバスで峠道を上がっていく。その車窓からは暁の色や、色づいている木々が増えていくのを見るとわくわくする。今年のもみじはどんな具合だろう。

 終着のバス亭で降りたのは私だけ。ちょっと驚きだ。いや、このあと1時間後に到着するバスならだだ混みだから。通い慣れた石段を軽い足取りで谷底まで下り、それから長い石段を再び上がっていく。重たい機材を担いで上がっていくのはさすがにちょっと息は切れるが、それでもバス亭から10分ほどで山門に到着。山門に近づくにつれ陽が当たっているのが見えてかなり焦りまくり。しかしここで1枚撮っておかないと・・・

2-IMG_-2451.jpg
その2

 なんとか間に合った。だが、例年だとあと数日遅くに訪れていたと思われる。山門を入って陽が昇るのを待っているので、ごく僅かだが、時季が早かったと思われる。

3-IMG_-2462.jpg
その3

 茂ったもみじの葉っぱの隙間から眩しいばかりの陽が差してきて、

4-IMG_-2467.jpg
その4

 辺りを照らし始めた。

5-IMG_-2471.jpg
その5

 先客は若い男性がおひとり、石段の上で見下ろしていた。邪魔にならないように自分も上がり、挨拶をして陽が当たるのを待った。

6-IMG_-2473.jpg
その6

 ちょうどこの辺りに陽が差してくるのだ。見事なくらいに真っ赤になったもみじの葉。さすがだ。

7-IMG_-2479.jpg
その7

 紅葉便りでもこの石段脇のもみじは見頃となっていただけあって、本当に綺麗になっている。ただ、よく見ると石段下の松の木、その松葉の色が茶色くなっていて見栄えが悪い。いつも青々としていたのに、今年の気候はここでも厳しかったのだろうか。

8-IMG_-2482.jpg
その8

9-IMG_-2484.jpg
その9

10-IMG_-2489.jpg
その10

11-IMG_-2510.jpg
その11

12-IMG_-2512.jpg
その12

 ここ何年かは毎年訪れているが、早起きが苦にならないほど価値のあるもみじ。

13-IMG_-2516.jpg
その13

 金堂にもしっかりと金色の陽射しが当たり始めた。僅かな時間でどんどんロケーションに変化が訪れる。

14-IMG_-2522.jpg
その14

 この夜明けの時刻は目を見張る情景が広がる。

15-IMG_-2532_2015112321074750a.jpg
その15

 今度は下から見上げて見ようか。一部分、まだもう少し色づきの悪いところがあるが、まあ、よしとしよう。今年は発色が悪いとささやかれている中、これだけの紅葉が見られたのだから。

16-IMG_-2559.jpg
その16

 和気公霊廟もいい姿を見せてくれている。

17-IMG_-2564.jpg
その17

 お不動さまもこれだけの紅葉が見られたらご機嫌さんだろう。

18-IMG_-2545.jpg
その18

 そろそろお暇をしようかと名残惜しげに振り向くと、にらめっこをしたら負けてしまいそうな鬼瓦と目が合った。

   お前、失礼なヤツやな・・・

  す、すみません・・・orz

19-IMG_-2585.jpg
その19

20-IMG_-2590.jpg
その20

 山門まで戻ってくると、もう陽は高く、シャワーのように輝いている。もっと長い時間いたような気がしたが、陽の高さからするとそうでもない。ぎゅっと詰まった時間を過ごしてきたのだろう。

21-IMG_-2587.jpg
その21

22-IMG_-2596.jpg
その22

 山門を出ると、途端に俗世に戻ったような気がした。多くの参拝者が石段をひ~ひ~言いながら上がってくるのも見える。境内は静かで、鳥の鳴き声だけが響いていて、とても気持ちのよい早朝の時間を過ごしてきたことに嬉しく思う。

23-IMG_-2608.jpg
その23

 帰り道、硯石亭のタヌキさんはまだ眠たそうだった。

24-IMG_-2617.jpg
その24

 では川沿いに遡って次のポイントまで移動。この続きはまた今度。
【2015/11/23 22:15】 2015紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都御所一般参観 その2雅楽 | ホーム | 別荘庭園»
コメント
torimyさん、こんばんは。

夜中起きで出かけるのはほんまに辛いのよねぇ・・・
年に2回か3回、それくらいだから頑張れるけど。
滋賀県の今津にコハクチョウが来てた。
通りかかったときにちらっと見えただけやし、
撮りに行きたいなぁ。
【2015/11/25 21:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsu さん、こんばんは。

あとから聞いた話では、その週末6日7日がピークだったそうですね。
いいタイミングで行けました。
色づきが不調の中、確かにこれだけ染まっていれば充分ですね。
【2015/11/25 21:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
やっぱ 朝の光はイイね。
幻想的っていうのとはちょっと違うけど なんか非日常的な空間になるものね。
ハクチョウを撮りに行くと安曇野の人たちにいつも「夜明け前から来い」って言われるんだけどその理由がわかるわ。
だけど現実問題 やったことがないのよね~~。
【2015/11/23 23:18】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
お、始まりましたね(^-^)
私も時を同じくして明日の朝、神護寺をアップ予定です。
今年はあまり晴れ間に恵まれなかった秋ですが、
神護寺ではドンぐもりか雨、という予報から、
薄日がさしてくれるという展開になり、
ライティングがとても良かったです。
今年は悪い、悪いと言われながらも、綺麗な
紅葉を見せてくれた神護寺には感謝です。
【2015/11/23 23:05】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |