日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都御所一般参観催し物 その1蹴鞠
1-IMG_-1482.jpg
その1

 春と秋に行われる京都御所の一般参観。この秋は10月30日から11月3日まで行われた。週末と祝日には様々な催し物が行われ、多くの人で賑わう。1日目の雅楽には用事で行けなかったが、2日目の蹴鞠にちょっと出かけてきた。

2-IMG_-1578_20151103155204176.jpg
その2

3-IMG_-1583_20151103155205a5d.jpg
その3

 普段は1月4日の蹴鞠初めを目にするので、毬が結わえるのは松の枝なのだが、秋にはもみじが使われる。少し色づき始めたもみじが季節の先取りのようで嬉しい。御所内で伐られてきたのだろうか。

4-IMG_-1616.jpg
その4

 今年は素晴らしい足捌き毬捌きが見られたので、テンションが上がってしまった。さあ、それでは行こうか。そうそう、11月3日は淡山神社でこちらの蹴鞠保存会の方々が蹴鞠の奉納をされていた。めちゃくちゃ楽しそうに見えたのは気のせいだろうか。

5-IMG_-1659.jpg
その5

 え?え?えぇ~っ!と、飛んでる!これは素晴らしい。

6-IMG_-1678_20151103155206fc7.jpg
その6

7-IMG_-1707.jpg
その7

8-IMG_-1747.jpg
その8

 ダッシュ!

9-IMG_-1757.jpg
その9

10-IMG_-1762.jpg
その10

 方向を見定めて。

11-IMG_-1773r.jpg
その11

 女性の方も勇ましい。

12-IMG_-1822r.jpg
その12
 
 第一場が終わって、次の第二場へ。

13-IMG_-1826.jpg
その13

14-IMG_-1838.jpg
その14

15-IMG_-1852.jpg
その15

16-IMG_-1864.jpg
その16

 鞠庭から外れていかないように中へと蹴ってみたが、これがなかなかに難しい。

17-IMG_-1892.jpg
その17

18-IMG_-1971.jpg
その18

19-IMG_-2018.jpg
その19

20-IMG_-2040.jpg
その20

21-IMG_-2102.jpg
その21

 皆さん、簡単そうに蹴っておられるが、相手に蹴りやすいように送り返すのが蹴鞠。思うようには行かない。

22-IMG_-2107.jpg
その22

23-IMG_-2168.jpg
その23

24-IMG_-2202.jpg
その24

 長く続いた後には観客席からは大きな拍手がわき、地面に毬が落ちてしまうと落胆の声・・・ アリ ヤァ オウのかけ声とともに、一体となって行われた蹴鞠だった。

25-IMG_-1926.jpg
その25

 保存会の皆さん、ありがとうございました。くすっと笑えるようなハプニングも多々あったが、とても楽しい時間だった。

 この続きはまた今度。もうひとつ、催し物がある。ちょっと先になりそうだが。
【2015/11/04 00:00】 御所 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«全国地域安全防犯啓発パレード @上七軒 | ホーム | 紅葉紀行 @金戒光明寺»
コメント
torimyさん、おはようございます。お返事が遅くなりました。

ナデシコか・・・ うん、そうかもね。
女性が入ると、やっぱり華があるんよ。
その辺が現代の形なんやなって思う。
適宜募集もしたはるんやけど、
遠くは東京からも練習に通てはんねんて。
【2015/11/07 07:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あれ 女の人もいたはる。
ナデシコはこんなところから始まっていたのか!(笑)
空中浮揚もあり (^_^;)
こういうのを維持保存していくって ホント大変やと思うわ。
【2015/11/06 06:17】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |