日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然旅行記 ロンドン紀行その4 @大英博物館その2
1-IMG_-2275.jpg
その1

 余りにも膨大な量の画像は、確認作業だけでもどれだけ時間が掛かるのだろう?見ているだけで気がつけば意識が飛んでいる始末。ブログにアップするだけの枚数では、アルバムにもならないから、やはりなるべく多くの枚数をまとめて現像したいと思うから、なおのこと時間が掛かる。と、ごちゃごちゃ言い訳ばかりしてみっともない・・・(^^;) Genji組のメンバーが待っているから、こちらを急ぐとしますか。

 さて、大英博物館の後半。ここへ入館するときは、御所の一般参観のように手荷物検査がある。長い行列に並び、やっと自分の順番が回ってきた。担当は男性、それも少しだけおじさん?カメラバッグを開きポシェットを開けて見えるように差し出した。バッグは即OK、ポシェットは覗き込んで顔をしかめた。

   よしよし・・・(^^)

 実は一番上には、ぴよちゃんとまろんがわざと見えるようにしておいたのだ。彼は、もったいぶって、しかも「これはたいへんいけないものを持ち込みましたね?」と言わんばかりの顔をするので、もちろんこちらもそれに合わせて、

   ええぇっ・・・(T_T)

 と、困ったような顔をして見せた。そして二人で中を覗いて大爆笑!ユーモアのあるお国柄はこれだから楽しい。言葉は解らなくても、こう言ったことは簡単に通じ合えるのが本当に面白い。

2-IMG_-0904.jpg
その2

 広い博物館は、大急ぎで回るしかなかったので、あとは簡単に。

3-IMG_-0906.jpg
その3

 はぎ取られたモザイク壁画。崩れてしまったものを保存しているのならいいが、略奪されたものはちょっと気の毒だ。

4-IMG_-0918.jpg
その4

5-IMG_-0920.jpg
その5

 柔らかなドレープのラインが、石像とは思えない美しさ。

7-IMG_-0924.jpg
その6

 あ、これはモザイクを掛けるべきだった?(笑)

6-IMG_-0921_2015102706003317c.jpg
その7

8-IMG_-2284.jpg
その8

9-IMG_-2285.jpg
その9

 精巧な機械時計はいつの時代にもどこの国の人も人気。

10-IMG_-2287.jpg
その10

 ちょっとフロアを移動。階段の踊り場にもレリーフが展示してある。

11-IMG_-2293.jpg
その11

 廊下のように長いフロアの先に、何か見える。

12-IMG_-2297.jpg
その12

13-IMG_-2300.jpg
その13

13-IMG_-0927.jpg
その14

14-IMG_-0928.jpg
その15

 上が見えないので、これがなんなのかよく解らなかったが、水盤に見えないこともない。それより飾られているレリーフのダイナミックさと不気味さにインパクトがある。苦しそうに叫んでいる男に見えるのは、これがこの男の犯した罪に対する罰とか。

16-IMG_-2291.jpg
その16

 ふと見上げると、明かり取りをした高い天井にも、レリーフが飾られているのが見えた。

17-IMG_-0930.jpg
その17

 入り口右手にはミュージアムショップ(こちらは少し高価なもの)があり、左手には各フロアに上がる広い階段。至る所に展示物があり、まる1日掛けてゆっくりと見物したかった。また行く機会が取れたらどんなに嬉しいだろう。

18-IMG_-2306.jpg
その18

 記念写真は全世界共通。韓国系らしき大学生くらいの男子にスマホを渡されて、記念写真を撮った。とても嬉しそうだった。彼にとっても大英博物館は行ってみたい夢の場所だったのかも知れない。私がそうであったように。

 それではこの続きはまた今度。
【2015/10/27 21:39】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«エナガ | ホーム | 笠懸神事 @上賀茂神社»
コメント
eiさん、こんばんは。

私ももう一度行きたい場所です。
未だにわくわくしてしまいます。
探検しているようで、とても面白いです。
サンクトペテルブルグの民族博物館も、
こんな感じでとても面白かったです。
あこも目立つ行動さえしなければ撮影できましたから。
いや、案内人がいたからかなぁ。
【2015/11/01 20:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
もう20年以上も経っているので、当時の写真を探していましたが
ついに見つからず仕舞い(泣)
当時はフィルムでしたから、ネガを保管していた積りでしたが・・・
とても懐かしく拝見しました。
又訪ねてみたくなっています(笑)
【2015/11/01 18:28】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

経緯はどうであれ、やっぱりこれだけのものを保管してあるのは凄いね。
ここにあったから戦禍を免れたものもあるだろうしね。
だからこそプライドを戻して欲しいよなぁ。
【2015/10/28 20:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
よくよく考えてみれば 大英博物館 色々撮影OK ってところがすごいな。
日本的感覚で考えれば そういうとこNGでしょ。

手法はどうだったか知らないけれど かつてはそれだけの宝物を世界中から集めることができた大英帝国。
その頃のいい面でのプライドをもう一度持ってほしいよね~~ 最近のイギリス。
【2015/10/28 10:37】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |