日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

月と金星のcollaboration 
1-IMG_-5550八日
その1

IMG_-5550 - コピー-1のコピー

 10月8日から10日まで、明け方の空に三日月と金星が並ぶ天体ショーが見られた。まずは8日の朝5時半頃の様子から。

2-IMG_-5551r八日
その2

IMG_-5551r - コピー-2のコピー

 三日月の左下に見える小さな星が金星。その左にもっと小さな青い星が木星。火星も見えるはずなんだが、ちょっと解らなかった。

3-IMG_-5552r八日
その3

IMG_-5552r - コピー-3のコピー

 朝の光はすぐに光度を増してしまう。あっという間に暁色の空になった。

4-IMG_-6846八日
その4

 ふむ、よい月だ。では翌日へ。

5-IMG_-5573r九日レグルス
その5

IMG_-5573r - コピー-4のコピー

 9日早朝4時半過ぎの空はまだ暗かった。青い小さなレグルスが少し見えやすい。月の左上が金星。

6-IMG_-6847r九日
その6

 金星もよく輝いていた。

7-IMG_-5575r九日
その7

 1時間も経てばもう夜明け。1日経っただけで、同じ時刻でもこんなに高い空に昇っている。

8-IMG_-5750十日
その8

IMG_-5750 - コピー-8のコピー

 最終日10日、朝5時過ぎ。ここまで昇ってしまったら、暁色に染まる頃にはもう高すぎて見えないだろう。右上の星が木星。10日が一番見えやすいと聞いたのに、8日の方がよかったように思う。しかしこの3日間、空が晴れていてくれてよかった。

 そして後日談。16日の夕方、西の空には綺麗な三日月があったのだが、その横には土星が見えたはずだった。すっかり忘れていて、気がついたのは既に月が沈んだ頃・・・ 望遠で狙えば見えたはずだったのに。輪っかまで見えるかもと聞いたのに。本当に惜しいことをした。今月下旬には木星と金星が並ぶようなので、お天気次第ではまた眺めてみようと思う。

 ああ、それにしても土星は惜しいことをした・・・ しばらく落ち込むこと必須だな、これは。
【2015/10/16 22:02】 天空 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«フジバカマ鑑賞会 @水尾の里 | ホーム | 徒然旅行記 ロンドン紀行その3 @ギルフォード立教英国学院»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |