日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然旅行記 ロンドン紀行その3 @ギルフォード立教英国学院
1-IMG_20150909_082427.jpg
その1

 長い時間あいだが空いてしまったロンドン紀行。その3日目。この日はいつものようにたっぷりとミルクティを煎れ、好きなパンとフルーツの朝食を摂って郊外へ。ロンドンから南西方向へ電車で40分。ギルフォードという街へ行く。イギリス文学に強い人なら、ギルフォードと聞いてすぐにピンと来る人もあるだろう。不思議の国のアリスゆかりの地だから。そこにある寄宿学校での公演を予定していた。
 地下鉄でウォータールー駅まで行き、そこから乗り換え。大きな駅で、映画や本などでよく聞く駅名にどんなところなんだろうと、そりゃぁもうわくわく。しかしまだロンドンに慣れなくて、駅の写真を撮るどころではなかったのが悔やまれる。

 ま、仕方がない、結構ぎりぎりだったので呑気に撮っている場合ではなかったから。

2-IMG_-0870.jpg
その2

 乗って解ったことだが、さすがは自転車の英国。荷物置き場のように自転車置き場があった。駐輪場にある、スタンドのようになっているあれだ。そして車内ではWi-Fiが使えるのも素晴らしい。まずは車窓の景色を。

3-IMG_-0875.jpg
その3

4-IMG_-0876.jpg
その4

5-IMG_-1752.jpg
その5

 イギリスでは新築の住宅には多額の税金がかかるらしい。だから修善をこまめにして古くなっても住み続けると聞いた。中心部では新しい高層建築物の工事も見かけたが、一般住宅はそうではないようだ。しかし緑溢れる郊外には、こういった住宅がよく似合う。たとえそれが住みにくい昔からの住宅であったとしてもだ。京都の町家でもそれはある。案外風致地区のように景観に配慮しなければならない面もあるのかも知れないと思う。

6-IMG_-1751.jpg
その6

7-IMG_-1753.jpg
その7

8-IMG_-1755.jpg
その8

9-IMG_-1756_20151013230258200.jpg
その9

 車体の種類はそれほど多くはない。しっかりとした色合いの車体だが、どうもこれが風景になじむからまた不思議だ。

10-IMG_-1757.jpg
その10

11-IMG_-1758.jpg
その11

 もっと郊外に出た。少し大きな街なのか、現代的な普通の建造物も見受けられる。

12-IMG_-1759.jpg
その12

 外を眺めていると、40分なんてあっという間だった。長距離を走る列車のようで、向かい合わせのシートの真ん中にはテーブルが据えられている処もある。PCを開いて打ち込みをしている人や、家族連れはテーブルに飲食物が並んでいたりする。個人的にはちょっと居眠りをしたかったのだが、乗り過ごしそうでちょっと不安がつのったのでやめた・・・
 そうこうしているうちにそろそろ到着だ。

13-IMG_-0881.jpg
その13

 さあ、ここがギルフォード駅エントランス。入り口右にはカフェがあって、多くの人が入っている。日本で言う所の、チェーン店のスタバだとかTully'sだとか、そんな雰囲気だ。駅前の大きな看板地図などを見て迎えのマイクロバスが来るのを待っていると、足下にコインが落ちているのが見えた。赤銅色のエリザベス女王の横顔が掘られた2¢(セント)硬貨だった。イギリスでコインを疲労と言うことはまずないというので、これはお守りにすることにした。そ、だから今でもちゃんと保管してある。パスポートケースに一緒に入れてある。

14-IMG_-1767.jpg
その14

 車に揺られることどれだけ掛かっただろう。30分以上は走っただろう。それもかなりのスピードだったので、そこそこ距離はありそうだ。この寄宿学校は日本の私立大学が運営しているもので、日本人が殆ど(ほぼ100%とも言う)だ。この辺りを納めていた貴族の輩と土地を購入したのだとか。

15-IMG_-1769.jpg
その15

 その東寺流行っていた日本の石塔、違和感があるようなないような・・・

16-IMG_-0884.jpg
その16

 それでは、公演までに少し時間があるので敷地内を探検してこよう。

17-IMG_-1771.jpg
その17

 アルプス乙女のような小型のリンゴ。食べてもよいかと、とうとう聞けず仕舞いになってしまった。葉池にある建物は、何かと思っていたら、防音室になっているようだった。若干音がもれていたが、エレキギターを抱えた男子生徒が出てくるのが見えた。

18-IMG_-1779.jpg
その18

19-IMG_-1788.jpg
その19

20-IMG_-1789.jpg
その20

21-IMG_-1791.jpg
その21

 敷地はとてつもなく広かった。移動には絶対に車か自転車が必須かと。

22-IMG_-1812.jpg
その22

 もう少し探検がしたかったが、時間がなくなってしまった。これでも既に夕方なんだけど、まだとても明るい。

23-IMG_20150909_125804.jpg
その23

 で、ランチは生徒と同じテーブルに座り、同じようにいただいた。そして夕食が終わった19時半から、第1回目の公演を行った。ま、その様子はまた今度と言うことで、ひとまず帰ろう。

24-IMG_20150909_232827.jpg
その24

 夜中のウォータールー駅、遅くまで人の行き来があった。色々あってすっかり疲れた我々だった。その辺りのことは公演の記事の時にでも・・・ では、この続きはまた今度。

IMG_3514.jpg
その25

IMG_3518.jpg
その26

 今日のおまけはこれ。やっと発掘してきた駅の構内。よかった、撮ってあって。
【2015/10/15 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«月と金星のcollaboration  | ホーム | ずいき祭り還幸祭 @上七軒御神輿編»
コメント
eiさん、こんばんは。

ゴルフをなさるんですか(笑)
私はハムステッドかスコットランド方面へ行きたいですね。
もしももう一度イギリスへ行く機会が持てるなら、
2週間くらい掛けて、観光したいです。
【2015/10/16 22:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
郊外の景色がいいですね~
前回はロンドン市内だけだったので、
次回は是非とも郊外を訪ねてみたいですね。
セントアンドリュースは、是非(笑)
【2015/10/16 12:35】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |