日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

ずいき祭り還幸祭 @上七軒御神輿編
1-IMG_-5502.jpg
その1

 昨日の続きを。

 京都に住んでいれば少なからず聞いたことのある食材「ずいき」 食べたことがあるかどうかはかなり微妙だが、ずいき祭りが終われば屋根を葺いていたずいきが配られるとか・・・ 神さまにあやかって、うちにもちょっと欲しいと思ったりもするのだが。この赤ずいきの小芋は普通の里芋の小芋より、ちょっと美味しい。

 それはさておき、ずいきの切り口の白い三日月が両足院の紋を思わせ、とても綺麗な形だ。稲穂がたわわについた藁で梅花の形に結んであったり、千日紅の花を2色使って模様が描いてあったりと、飾り付けも素晴らしい。御旅所までは行っていないので、じっくり拝見することもできなかったが、来年以降、機会があればこれを見るだけでも価値がありそうだ。今回は行列が芦腹に通り過ぎる短時間だけしか見ることができなかった。

2-553A6423.jpg
その2

 御神輿も花街を通るとなるとより一層華やかに見える。

3-553A6591.jpg
その3

 お待ちかねの獅子舞がやって来た。怖い顔のはずなのだが、どこかユーモラスに思えてしまう。幼い子供をかむときにはたいてい怖がって泣く子が多いが、その泣いている姿もまた微笑ましい。本人は多分必死のはずだが、見ている方はそれが可愛いと感じる。獅子舞二人は子供の頭を優しくかんで回ったが、芸舞妓の前はすっと通り過ぎてしまったので、皆さん慌てて手を伸ばして催促する。それぞれ手をかんで行ったのだがその画像はなし。目の前のことだったが、みんなが待ち構えている瞬間に道路に飛び出して遮ったカメラを持ったオジサンがいたため、あちらこちらからブーイング。本人は知ってか知らずか、いや、わざとだろう。全く、その場面を待っていた我々は本当に不愉快だった。行事ごとにはこんな不愉快なことはかなり付きものだが、お行儀のよい人まで悪者にされるから困る。

4-IMG_5513r.jpg
その4

5-IMG_-5514.jpg
その5

6-IMG_-6579.jpg
その6

7-IMG_-6589.jpg
その7

 不愉快直しに。

8-IMG_5528.jpg
その8

 さて、行列は次々とやってくるわけで。

9-IMG_-6610.jpg
その9

10-IMG_-6627.jpg
その10

11-IMG_-6638.jpg
その11

12-IMG_-6651.jpg
その12

 神妙な顔で行列を迎える。そうしているうちに八乙女が帰って来た。

13-IMG_-6690.jpg
その13

 幼い中にも託された大役を務めようと必死な表情が見て取れる。

14-IMG_-6693-2.jpg
その14

15-IMG_-6696.jpg
その15

16-IMG_-6718.jpg
その16

 童女と言っても、白塗りをすると大人と同じだな・・・

17-IMG_-6777.jpg
その17

 ひと呼吸置いて・・・(笑)

18-IMG_-6788r.jpg
その18

19-IMG_-6792r.jpg
その19

20-IMG_-6800.jpg
その20

 稚児たちもかわいらしい。

21-IMG_-6806.jpg
その21

22-IMG_-6828.jpg
その22

23-IMG_-6834.jpg
その23

 お昼に御旅所を出た行列は、長い時間を掛けて再び天神さんへと帰って行った。

 ところで、ちょっと後日談だが、御神輿に飾られていた梅花の形の縄。長五郎餅本店の店先に飾られているのを見た。
【2015/10/11 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«徒然旅行記 ロンドン紀行その3 @ギルフォード立教英国学院 | ホーム | ずいき祭り還幸祭 @上七軒芸舞妓編»
コメント
torimy さん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

スーパーでも普通に売ってるからね、赤ずいき。
年配の人でも食べ方を知らない人も多いかもね。
この時期里芋の収穫時期でもあるんやけど、
採れた野菜なんかをお供えしての五穀豊穣を祈願してのお祭りやから、
ズイキの茎で屋根を葺くように変わったのかな。
【2015/10/14 21:36】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

我々の回りには礼儀正しい方が多いので、
余計にこんな人が目立ちますね。
一緒に撮影させていただいた方も、
厳しく注意を仰いましたが、聞く耳なしでしたよ。
年をいくとこんなに人に嫌われることをしてしまう方が多いのは、
嘆かわしいです。
言いながら、私も怒鳴らせて貰いましたが。
人生の先輩ではありますが、
人生のお手本にはなりませんね(--;)
【2015/10/14 21:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
血がきれいになるとか 貧血に効くとか
まあいろいろよね。
私も好きやで 赤タツっていうけど うちの辺では。
だけど あんまり売ってへん。

しかし なんでずいきがお祭りになるのか そこがわからん。
やっぱ京都はすごいな。
【2015/10/13 15:21】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
おはようございます。
今年は日曜日だった事もあり
人が凄く多かったですね。
年配の方こそ、マナー良く撮って
いただきたいのですが、
なかなか難しいのでしょうか。

凄くマナーのいい年配の方もいらっしゃるので
余計に残念に感じますね。
【2015/10/13 09:40】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

お祭りの人物は何処まで撮ってネットの電波に乗せてもよいのかと、
いつもかなり悩みます。
きっと今日の私の姿もどこかで電脳の世界を飛んでいることでしょう・・・

さて、このおっさん、ほんまにwantedですよ、マジで!
年寄りになるほどこう言ったことをしますね。
ええ年して恥ずかしくないのかと思います。
【2015/10/11 21:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
八乙女さんたち、かわいらしいですね。
今年は休みに実施だった瑞饋祭。思わぬケータイトラブルで、休みのウチに直しておかねば、と折角のチャンスを棒に振ってしまいました・・・。
さて、次の機会はいつだろう・・・と思うとちょっと悲しくなりますが、こうやって見せてもらえて良かったです。
マナーの悪いおっさんは、レッドカードですね(^^;
【2015/10/11 01:26】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |