日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

大原の里に彼岸花が咲く その3最終回
1-IMG_-4893.jpg
その1

 昨日の続きを。さて、最後は大原の定番場所。ここの群生は本当に見事だと思う。

2-IMG_-4897.jpg
その2

 今年は出遅れたと思っていたので、この満開に安堵してしまった。それだけ朱色に燃えるような群生だった。

3-IMG_-4899.jpg
その3

5-IMG_-4907.jpg
その4

 そしてなはり何より稲刈りに間に合ったことが大きいだろう。毎年稲刈りが終わったあとか、真っ最中。

6-IMG_-4908.jpg
その5

7-IMG_-4929.jpg
その6

 1軒だけ、こちらの農家の方が稲刈りを始めたところだった。稲の茎を裁断すると、植物が放つ独特の香りがする。その香りを嗅ぐと深まる実りの秋を感じる。今年のお米のできはどうだったのだろう。

8-IMG_-4926.jpg
その7

 コンバインが入ることのできるように、端が既に刈り取られた田んぼ。ちょっと惜しかったが、こればかりは自分の都合ではどうしようもない。農家の方が優先だ。それをいいことに彼岸花に近づくために入り込む観光客。以前は注意を促したが、もう知らん顔をすることにした。あぜ道ならともかく、田んぼと言えども、特にこの日のように稲刈りの真っ最中に入り込む人の気が知れない。そこは私有地なんだという観念がない人はそれだけのことだ。

9-IMG_-4957.jpg
その8

 ここにトンボでも留まっていてくれたらと、また贅沢なことを考えていたが、金色の稲穂背景に真っ赤な彼岸花が見られただけでもこの上なく嬉しい。今年は私事でこちらの彼岸花しか見られなかったが、充実した時間だった。

10-IMG_-4795.jpg
その9

 いきなり吹いてきた強い風に乗って、またおいでとススキの穂が手を振ってくれた。そうだな、機会があればコスモスを撮りに再訪したいものだ。
【2015/10/03 00:00】 大原 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«徒然旅行記 ロンドン紀行その2 ロンドン大学SOAS校 | ホーム | 徒然旅行記 ロンドン紀行その1序章»
コメント
Katsuさん、おはようございます。

このタイミングは初めてかも、です。
少し彼岸花が遅かったのかなと思います。
同じく稲刈りもここの田んぼは
例年より少しだけ遅かったのかも知れません。
出遅れたと思いましたが、本当にほっとしました。
【2015/10/06 06:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、お返事が遅くなりました。

本当にタイミングは何が幸いするか解りません。
いつも稲刈りが終わったあとになるのに、
今回はぎりぎり・・・
今年の彼岸花はほんの少し遅かったようにも感じました。
だからまぁ、間に合ったわけですが(^^;)
【2015/10/06 05:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、お返事が遅くなりました。

この時期だけのごちそうかな。
【2015/10/06 05:56】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ああ、やっぱり稲穂がもう十分垂れているなぁと思った田んぼでした。稲刈りが始まっていたのですね。
彼岸花は私の行った日は少し早めでしたが、数日で満開になったようですね。
田んぼとのタイミングはやっぱり年によりますので、また来年、いい巡り合わせを期待したいですね(^-^)
【2015/10/06 00:24】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
おはようございます~。
大原の彼岸花、群生するので
本当に見応えがありますよね。
私自身も3回訪れましたが
日差しの関係など色々と難しいですね。
【2015/10/05 09:10】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
彼岸花でお花見しながら稲刈り。いいわぁ~~
【2015/10/05 00:10】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |