日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

大原の里に彼岸花が咲く その1
1-IMG_-4661.jpg
その1

 今年は彼岸花の季節に留守にせざるを得なかったので、もう見られないかと思っていたが、かろうじて、市街地より少し遅れた大原で彼岸花を見ることができた。撮影は9月23日。

 さすがにこの白い彼岸花はもう終盤で、この一角だけがまだ綺麗なままだった。

2-IMG_-4682.jpg
その2

 しかし背景が今イチで、どうしたものかと四苦八苦していると向こうから来た男性に声をかけられた。なんだかどこかで見たような見たことないような、と思っていると、

   オペラを撮っておられた方ですね?

 そうだった。あのときのビデオ担当の人だ。こんな所で逢うなんて、と言うか、人の顔がよく覚えていられるものだと感心する。自分にはできない芸当だから・・・ 何度か撮影の現場でお会いしたブロガーさんなどであれば覚えているのだが、一度きりではかなり難しいのだ。それでいて人を相手にする仕事をしているのだから呆れる。

 ま、これからどう回るかなどとお話しして別れた。だが、また先生から撮影の依頼があれば、きっと彼もまた呼ばれるのではないかと思う今日この頃。

3-IMG_-4694.jpg
その3

 さて、本題へ戻ろう。大原で彼岸花の群生は駐車場のところが余りにも知られたところだが、ちょっと外れた自分のお気に入りの処を回ってこよう。幸いまだ綺麗なままのようだ。

4-IMG_-4697.jpg
その4

5-IMG_-4705.jpg
その5

6-IMG_-4708.jpg
その6

 いつも例年だと、行った頃には稲刈りが全て済んだ後なのだが、今年はまだ残っているところがある。やっぱり赤い彼岸花と金色の稲穂のコラボは欲しいところ。

7-IMG_-4713.jpg
その7

8-IMG_-4714.jpg
その8

9-IMG_-4716.jpg
その9

10-IMG_-4717.jpg
その10

 のびのびと咲いている彼岸花を見ると、こちらの気分も軽くなっていくようだ。

11-IMG_-4721.jpg
その11

12-IMG_-4722.jpg
その12

13-IMG_-4727.jpg
その13

14-IMG_-4728.jpg
その14

15-IMG_-4733.jpg
その15

16-IMG_-4743.jpg
その16

17-IMG_-4746.jpg
その17

18-IMG_-4757.jpg
その18

 この辺りにはあちこちに咲いているので撮影場所に困ることもない。人も少ないのが一番よかったりもする。わざわざ私有地の田んぼの中に入ることもしなくて済むので、とても助かる。いくら田んぼとはいえ余所さまの土地で私有地だから、開放されている場所でない限り、私有地に足を踏み込むべきではないと思っている。

 さあ、それではいつものようにこの続きはまた今度。

19-IMG_-4680.jpg
その19

 今日のおまけはこれ。雨が降らなくて、お休み中の大きなでんでん虫。木の葉の影に、隠れるようにして張り付いている姿に微笑ましく感じた。
【2015/10/01 00:00】 大原 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«鴨川パトロール たそがれアオさんを見る | ホーム | 鴨川パトロール たそがれゴイさんを見る»
コメント
torimyさん、お返事が遅くなりました。

稲穂と彼岸花のタイミングって、
簡単なようで難しいと思うんよ。
稲刈りは人間の都合やしね。
あまり撮ったことがないようなアングルを日々模索中。
【2015/10/02 22:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
黄金色の田んぼバックは やっぱりこの花にベストマッチな気がする。
低いアングルで見あげたのも 面白いしね。
【2015/10/02 00:24】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |