日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

花脊松上げ
1-IMG_-1021.jpg
その1

 8月15日夜、盂蘭盆会の神事 花脊松上げ。送り火とともに夏の終わりを告げる神事。鐘を打ち鳴らし、太鼓を叩いて灯籠木場へ松明を持って男たちが集まった。

2-IMG_-1022_2015081614561923a.jpg
その2

 河原に突き立てられた松明に次々と火が灯されると、川面に金色の炎が幻想的に映し出される。

3-IMG_-1029.jpg
その3

4-IMG_-1031.jpg
その4

 その炎の色は魅惑的で、目を放すことができない。

5-IMG_-1063.jpg
その5

 やがて上げ松が弧を描いて飛び交い始めた。

6-IMG_-1085.jpg
その6

 何度目かの挑戦で大籠に炎のついた上げ松が落ち、炎を吹き出す。

7-IMG_-1086.jpg
その7

 時には支柱に当たって火花が飛び散り・・・

8-IMG_-1087_20150816145654255.jpg
その8

9-IMG_-1091.jpg
その9

10-IMG_-1097.jpg
その10

 辺りは金色の炎が乱舞する。その炎はずっと川面を照らし続けた。

11-IMG_-1105.jpg
その11

12-IMG_-1173.jpg
その12

 大籠はいよいよ大きな炎の固まりとなって勢いを増していく。

13-IMG_-1178.jpg
その13

 大きな炎の大籠を支えきれなくなった灯籠木は、ゆっくりと傾き、

14-IMG_-1182.jpg
その14

 大きな地響きと歓声の中、河原に倒れ込んだ。そこには火難除けや五穀豊穰祈願を願い、お盆に迎えた精霊を送る里の人たちの畏敬の念が燃えているようだった。

 この前後にはまだ行事があるのだが、交通機関の関係上、この神事しか見ることができなかったのが残念だ。来年は始まる前の行事だけでも撮れたらと希望する。

15-11896021_359145570925890_2820128622693761512_n.jpg
その15

 星がとても綺麗な夜だった。
【2015/08/16 15:34】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«イエロータワー | ホーム | 御所拾翠亭 百日紅»
コメント
もみぢさん、こんばんは。

街の喧噪から離れて、やっと人間らしさを思い出したような神事でした。
そして山中でもあり、星が本当に凄くたくさん見えました。
星だけを撮りに来てもいいくらいでしたよ。
【2015/08/16 22:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

私も今回初めて参戦してきました。
めちゃくちゃ感動しましたよ。
もう少しバルブをかけてもいいかなと思いましたが、
結構難しい・・・
来年はリベンジです。行きませんか?
平日ですけど。23時前には国際会議場までに帰ってこられます。
【2015/08/16 22:37】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
漆黒の闇と炎、太古の昔に私たちの祖先が見た光景。
人工物に囲まれて人間は遠くへ来てしまった、郷愁のような.....
最後に星空、素敵な夜ですね!

【2015/08/16 22:34】 URL | もみぢ #-[ 編集]
松上げ、一度も見たことがないのですが、
やっぱり幻想的な光景ですね。
灯籠木が放り上げられる様子はバルブですよね。
クルクル回る様子、そして大松明に燃え移る様子、
雰囲気ありますね~。
一度行ってみたいんですが、なかなか・・・(^^;
【2015/08/16 16:39】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |