日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

正傳寺 借景の庭にサツキが咲くを見る
1-IMG_-2882.jpg
その1

 今年は何年振りかで出かけることができた正傳寺のサツキ。5月下旬、快晴の午後遅く。

2-IMG_-2807.jpg
その2

 比叡山がくっきりと見える。こんな日はそう度々ないから。

3-IMG_-2840.jpg
その3

 仕事を片付けるのに手間取り、少し時刻が遅かったようで、屋根の影が既にサツキまで覆い被さろうとしていた。

4-IMG_-2875.jpg
その4

5-IMG_-2877.jpg
その5

 偶然同席となった男性の方が、造形大の尼崎先生にご指導いただいていたと言うことで、その先生お勧めのお庭がここだという。そんなお話をご住職の方と一緒に伺っているうちに大きな屋根の影は白壁まですっかり覆ってしまった。私はそれを待っていたのだった。そして閉門の時刻を迎えた。

6-IMG_-3089.jpg
その6

 後日、サツキに影が掛かってしまったのが納得いかず、再訪した。玄関先には八重咲きのドクダミ、緑色の花蜘蛛が出迎えてくれた。

7-IMG_-3091_20150613213651554.jpg
その7

8-IMG_-3095.jpg
その8

 前回よりも比叡山の姿は霞んでいたがいい雲が流れ、アクセントを添えてくれている。

9-IMG_-3101.jpg
その9

IMG_-3101 - コピー-9のコピー

 とてもいい景色だった。涼しい風が吹き、鳥の鳴き声が時折響くだけの静かな山間の庭。

10-IMG_-3123.jpg
その10

11-IMG_-3128.jpg
その11

 比叡山の借景、小堀遠州は何を感じて「獅子の児渡しの庭」としたのだろう。シンプルな、簡素でありながらも力強いサツキの刈り込みはどれだけ見ていても飽きることがない。

12-IMG_-3135.jpg
その12

   また来てや

 帰り際、ドクダミの茂みの奥から小さな声でお地蔵さまがそう言って見送ってくれた。
【2015/06/14 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«梅雨の合間の虫撃ち | ホーム | 都をどりお茶席にて»
コメント
ディープさん、こんばんは。

そうなんですよ、2回も行ってしまいました。
西加茂の坂道はきついのに。
でもそれだけの価値はありますね。
【2015/06/14 23:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは〜
2回行かれたのですね。
ここは、昼からの順光がきれいです。
いつも落ち着いており、心休まります。
【2015/06/14 21:50】 URL | deepseason #DdiHOXp.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |