日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @一乗寺圓光寺
1-IMG_1332.jpg
その1

IMG_1332 - コピー-1のコピー

 今年の桜紀行は、と言うより、今年もいくつかお蔵入りが決定した。しかしその中でも外せないのがここ、圓光寺。撮影は4月6日と11日。タイミングが合わなくて雨の午後遅くに。

2-IMG_1345.jpg
その2

 古い木があるわけでもなく、桜の名所でもないが、むしろ桜のスポットとしては新しい場所ではあるが、私はここがお気に入り。行く度に少しずつ形が整っていくのをずっと見ていた。

3-IMG_1349.jpg
その3

 変わらないのはこのお地蔵さまと観音様のすぐ脇に咲く枝垂れ桜。奥に見えるのは最近植樹されたものだ。これは今後を楽しみとしたい。

4-IMG_1364.jpg
その4

 雨脚が強くなり、辺りも暗くなり始めた頃、足下の灯炉に灯りが灯された。

5-IMG_1397.jpg
その5

6-IMG_1478.jpg
その6

7-IMG_1411.jpg
その7

8-IMG_1408.jpg
その8

 明かり取りほど明るいのではないが、黄昏の奔龍庭にほんのりと灯された灯炉は妖しげな光だ。光る竜の瞳にも見える。なんて見事な演出だろうか。

9-IMG_1366.jpg
その9

10-IMG_1363.jpg
その10

11-IMG_1497.jpg
その11

12-IMG_1498.jpg
その12

 日中の明るい陽射しに照らされる桜は輝くような美しさだが、黄昏時の雨の枝垂れ桜はまた違って妖艶という言葉がふさわしい。

13-IMG_1393.jpg
その13

14-IMG_1391.jpg
その14

15-IMG_1506.jpg
その15

 桜だけでなく、ライトアップはそれほど好みではない。しかしこのような灯炉はいいと思うのはちょっと勝手な考えだろうか?ともあれ、もう少し晴れたときに見たいと思い、再訪した。

16-IMG_-3220.jpg
その16

 再訪と言っても結局晴天にはならず、それが不完全燃焼。

17-IMG_-3271.jpg
その17

18-IMG_-3280.jpg
その18

19-IMG_-3283.jpg
その19

20-IMG_-3291.jpg
その20

 今年は快晴の下訪問できなかったが、お地蔵さまはそれでも満足そうにほほえんでいた。

21-IMG_-3329.jpg
その21

 ドウダンツツジが満開の、そんな春の日だった。

22-2015 4 6 圓光寺ライトアップ
その22

2015 4 6 圓光寺ライトアップ - コピー-22のコピー

 京のお決まりは灯炉の灯った奔龍庭のパノラマ。
【2015/06/04 00:00】 2015桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«アオさん、料亭へ行くを見る | ホーム | ツツジ @建仁寺塔頭正伝永源院»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |