日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 番外編 @和歌山城
1-IMG_3202.jpg
その1

IMG_3202 - コピー-1のコピー

 2012年の4月8日のデータを随分と探していたのだが、他のデータを探していてやっと見つけた。それがこれ、和歌山城の桜。

2-IMG_3109.jpg
その2

 京都桜紀行も遅れがちなのに、この春の行事も保存だけしてまだ確認作業もしていないようなものもあるのに、なぜか余所の街の桜を出してしまおうという気になった・・・ きっとこの3月に姫路城を見て来たせいだと思うのだ。あそこの桜も見てみたい。まだ真っ白のままの時に。その景色を思い浮かべつつ、和歌山城を。

3-IMG_3111.jpg
その3

5-IMG_3164.jpg
その4

6-IMG_3167.jpg
その5

7-IMG_3168.jpg
その6

 何処をどう回ったのか、道筋は忘れてしまったが、さすがにお城の城内は広くて桜の木も多かったことに感動したのだけは覚えている。
 そしてもう一つ忘れてはいけないのが、このお城の立地条件。

8-IMG_3172.jpg
その7

 恐る恐る登った天守閣から見た景色は凄かった。紀ノ川と海が見えるのだ。高いところが苦手なのでかなり怖かったのだが、やっぱり登ってみてよかった。

9-IMG_3177.jpg
その8

10-IMG_3199.jpg
その9

11-IMG_3159.jpg
その10

 日本人のDNAに刻み込まれたお城と桜・・・ 神社仏閣なら枝垂れ桜だが、お城に桜、それも染井吉野は江戸幕府のイメージがすり込まれているような気がする。
 まぁ、綺麗なら何でもよろしいけど。

12-IMG_3185.jpg
その11

 それにしても、高いところだった。枝垂れ桜が好きだが、また時間が取れるときが来たら、このようにお城と桜を撮りに行きたいものだ。
【2015/05/17 00:00】 2015桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«葵祭(賀茂祭)2015 後編 | ホーム | 葵祭(賀茂祭)2015 前編»
コメント
torimyさん、こんばんは。

お互い海の見えへんところに住んでるから、
余計にテンション上がるよなぁ(^^;)
【2015/05/18 23:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
和歌山城?! 遠い!!
そやけど 海の見えるお城の桜景色はスケールがデッカい!
【2015/05/17 21:49】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |