日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

葵祭(賀茂祭)2015 前編
1-553A9441.jpg
その1

 前夜、激しい雨となった葵祭当日、かすかに朝靄がかかった京都御苑では、着々と準備が進んでいた。まずは平安騎馬隊のパトロールから。

2-553A9444.jpg
その2

 騎馬隊にあこがれて京都府警の警察官になった若い隊員は、この日が騎馬隊デビューの日。操るのは騎馬隊大ベテランの鞍馬号。もとサラブレッドだが、今は穏やかな騎馬隊の隊員を務める。もう1頭は大江号、鼻筋が白いおしゃれな子だ。

3-553A9470.jpg
その3

 定時に僅かに遅れ、路頭の儀が開始された。その頃には気温と陽射しはぐんぐんと上がり、しかし急に陰ったりと慌ただしいお天気。

4-553A9485.jpg
その4

 ここだけスポットライトが当たる。

5-553A9504.jpg
その5

6-553A9534.jpg
その6

7-553A9537.jpg
その7

8-553A9559.jpg
その8

9-553A9586.jpg
その9

10-553A9597.jpg
その10

11-553A9610.jpg
その11

 平安雅楽会の方たちも騎乗しての参加。

12-553A9624.jpg
その12

13-553A9636.jpg
その13 

14-553A9655.jpg
その14

 女人列が見え始めた。ではそろそろ牛車が現れる頃だ。

15-553A9678.jpg
その15

 今年の齋王代は雨女かと噂もされていたが、どうも本番に強いようで、御祓も肝心な時だけ雨が止んだのだった。そして祭り当日、見事お天気を回復させた。

16-553A9698.jpg
その16

17-553A9715.jpg
その17

18-553A9722.jpg
その18

 雨上がりの新緑の中、およよと呼ばれる御輿は笑顔の齋王代を乗せて進んでいった。

19-553A9756.jpg
その19

 そう、この方も眩しいほどの笑顔で前を通り過ぎていった。それにしても何に反応したのだろうか?我々が手を振ったから?(笑)

 そして次のポイントで・・・

20-553A9808.jpg
その20

 ちらりと目が合ってどきどき・・・(--;)

21-553A9812.jpg
その21

22-553A9827.jpg
その22

 そして街中を進む行列。

23-553A9843.jpg
その23

553A9843 - コピー-23のコピー

 緊張もかなり解けてきたのか、とても素敵な笑顔を見せてくれた。なんでも齋王代は笑ってはいけないとか言う噂を聞いたが、やっぱり笑顔は欲しいなぁ・・・ 

24-553A9891.jpg
その24

 そして行列は目の前を通り過ぎていった。

25-IMG_0270.jpg
その25

 このあと下鴨神社へ入り、午後から再び行列は上賀茂神社へ向けて出発する。

 この続きはまた今度。
【2015/05/16 15:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都桜紀行 番外編 @和歌山城 | ホーム | こんなところでアオさんに会う»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

この時期の忙しさはどうしようもありませんね。
来年はオールスターで行きましょう。
待ち時間にちょっとしたトラブルがちょびっとありましたが、
みんなで一致団結して乗り切りました。
晴れ男が参戦すれば、来年はお天気の心配もなさそうです(笑)
【2015/05/17 21:14】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
葵祭、おつかれさまでした~。
今頃出発したなぁ~、と思いながら仕事してましたよ(笑)
例年このお祭りだけは繁忙期でどうしようもないのですが、来年は日曜日ですよね。
すごい人出になりそうですが、チャレンジしてみたいです。
お天気もよくて、斎王代さんもホッとしたでしょうね。
続編も楽しみにしています(^-^)
【2015/05/16 22:53】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |