日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

建仁寺に牡丹が咲くを見る
1-IMG_-5306.jpg
その1

IMG_-5306 - コピー-1のコピー

 今年も建仁寺では牡丹が見事だった。撮影は4月の・・・?25日くらいだった?

2-IMG_-5202.jpg
その2

3-IMG_-5207_20150507231822ad7.jpg
その3

4-IMG_-5211.jpg
その4

5-IMG_-5213.jpg
その5

6-IMG_-5227.jpg
その6

7-IMG_-5242.jpg
その7

8-IMG_-5254.jpg
その8

 少し風の強い午後で、時折吹く風をやり過ごしながらだった。一部盛りがちょっと過ぎたものもあったが、全体的にはちょうど見頃を迎えていて、お花畑の中にたたずんでいるような気分だった。

9-IMG_-5255_20150507231845214.jpg
その9

10-IMG_-5266.jpg
その10

11-IMG_-5281.jpg
その11

12-IMG_-5301.jpg
その12

13-IMG_6250.jpg
その13

14-IMG_6256.jpg
その14

15-IMG_6265.jpg
その15

16-IMG_6276.jpg
その15

 法堂の西側では松の木の剪定中で、ちょっと近寄れない処もあったのが残念だったが、私の中で牡丹と言えば本満寺と建仁寺。今年もたくさんの牡丹を見ることができて満足だった。

 で、ふと思い出した、と言うのか忘れていたというのか、ここ何年かは牡丹を撮りに来ているが、それまではここはどうなっていたっけ?と、疑問がわいた。何十年も前から牡丹があったわけではなかったはず。
 そんな折、偶然手元にあった京都の季節の花を撮った写真集を見ていたら、あった、あった!そうだった、ここにはお茶の木を巡らせてあった。
【2015/05/08 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«賀茂競馬(かもくらべうま) @上賀茂神社 疾走編 | ホーム | オペラ「藤戸」 @西宮芸術文化センター後編»
コメント
雅堂さん、こんばんは。

牡丹は豪華ですね。
遠くまでは行けないので市内の近場で済みませんけど、
楽しんでいただけたら嬉しいです。
昇段ですか、随分と練習を積んでおられるようですね。
私も応援しています。
【2015/05/13 23:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。
毎年の楽しみ、
百花の王のお写真↑
やっぱり牡丹と睡蓮は白が好きですわ。
華やかで大好きな花ですね。
この初夏の入り口の京都は源氏絵巻を見ているように年代を越えて美しいです。
素晴らしく積み重ねられた伝統だと感動して、息子達と楽しんで拝見しています。

今月末はみやこめっせの大会にチビ息子が昇段掛けて参加するので、近辺の京詣でを今から楽しみにしております。
【2015/05/12 23:32】 URL | 雅堂 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |