日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

オペラ「藤戸」 @西宮芸術文化センター後編
1-IMG_-5591.jpg
その1

 さてさて、約2週間ぶりの先日の続き。

2-IMG_-5594.jpg
その2

3-IMG_-5600.jpg
その3

 赤く照らされたカーテンの向こうでは殺戮が行われたという、やんわりとイメージさせる。

4-IMG_-5601.jpg
その4

5-IMG_-5607.jpg
その5

6-IMG_-5608.jpg
その6

7-IMG_-5610.jpg
その7

 子供に教わった水路を通って敵陣に乗り込み、勝利を挙げる。そんな話を聞き母は気が狂いそうになる。

8-IMG_-5612.jpg
その8

9-IMG_-5616.jpg
その9

 その子は自分の子供だと名乗りを上げたことで、佐々木盛綱は動揺する。

10-IMG_-5619.jpg
その10

11-IMG_-5626.jpg
その11

 初めは激しい口調でなじったが、そのようなことをしても子供は帰ってこないと泣き崩れる。

12-IMG_-5635.jpg
その12

13-IMG_-5637.jpg
その13

14-IMG_-5638.jpg
その14

  罪滅ぼしに自分を切れと刀を差しだし、あわや振り下ろす寸前まで行ったが、そのようなことしても子供は帰ってこないと再び泣き崩れる。

15-IMG_-5639.jpg
その15

16-IMG_-5643.jpg
その16

 せめて子供の最期の様子だけでも知りたかった母は、どうしてこの世を去ることになったか、その理由があまりにも理不尽であることにとうとう精神の糸が切れる。居るはずのない幼い日に見た居るはずのない子供の姿を抱き、浜辺の自然や、どんな子供だったかと歌うのだった。

17-IMG_-5647.jpg
その17

18-IMG_-5649.jpg
その18
 
 繰り返し、繰り返し歌う・・・

19-IMG_-5651.jpg
その19

 そんな気の狂った母を、少年の悲しげな瞳がそっと見つめながら再び遠くへと旅立っていった。

 お能は日本に於けるオペラ。日本語で歌われることと事前の予習、そして字幕が出ることでとても親しみやすくて理解しやすい。そしてこの藤戸で描かれているテーマはいつの時代でも当てはまる戦争と弱者の関係。光のあるところに陰がある。それはどのようなことに於いても言えること。光の当たったところにには、必ず影ができる。人はそれを忘れてはいけない。身の回りのことでも政治でも。自分が得をすることで損をする人もあると言うことだ。影の御陰で華やかな舞台に立てる。
 
 色々気を遣いながらの撮影で、あとの処理もたいへんだったが、舞台撮影は元々大好きだ。朗読アンサンブルの皆さんの舞台がこのようなホールで行われるようになった頃からかなり嵌った。
 実はこのお話を伺ったときにはどうしようかと悩んだのだが、結果的には自分にとっていい勉強になった。今回この機会を与えて下さった尾上先生にはとても感謝している。ありがとうございました。もしも再びこのような機会を与えて下さるなら、喜んでお受けしたいと願う。
【2015/05/07 00:00】 イベント | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«建仁寺に牡丹が咲くを見る | ホーム | 御祓の儀 @下鴨神社(賀茂御祖神社)»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

そうそう、あれです。
いやぁ、ほんまにたいへんでしたよ、色んな意味で。
しかし結果的にはいいお仕事をいただきました。
遠くから見ていても、オペラ歌手の皆さんは、
素晴らしい歌と演技でした。
【2015/05/07 23:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
例の3/21に行われた、撮影を引き受けるか迷っておられたオペラですね!
見事じゃないですか。
口封じに道案内をしてくれた子供を切り捨てた佐々木盛綱、その話を聞いて気が狂う母親・・・
鬼気迫る迫真の演技ですね。
【2015/05/07 00:32】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |