日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @寺町今出川本満寺
1-IMG_-8436.jpg
その1

IMG_-8436 - コピー-1のコピー

 枝垂れ桜の季節、こちらの桜を見ないことには桜は語れない・・・ と言うのは少し大袈裟だが、それくらいに楽しみにしている枝垂れ桜。撮影は3月28日。早朝より快晴の朝だった。

2-IMG_-8442_20150425222349d7f.jpg
その2

 近年とても人気の出ている桜ポイントで、思わず足が止まるほどの人たち。お勧めはここからの景色。

3-IMG_-8445.jpg
その3

4-IMG_-8448.jpg
その4

 三脚を構えて、長~い時間、粘っている人がいたっけ。塀の上にカメラが突き出てちょっとむっとした。

5-IMG_-3093.jpg
その5

 だから入らないように縦ポジションで。

6-IMG_-8459.jpg
その6

 桜カーテン。

7-IMG_-8454.jpg
その7

 とても綺麗なアーチを描く枝垂れ桜は、その下に入って桜シャワーを浴びる。

8-IMG_-8456.jpg
その8

9-IMG_-8464.jpg
その9

10-IMG_-8466.jpg
その10

 見上げていると首が痛くなるが、この桜シャワーの魅力には勝てないのだ。

11-IMG_-8479.jpg
その11

12-IMG_-8498.jpg
その12

13-IMG_-3107.jpg
その13

 樹の形も、地面まで伸びる長い枝垂れの立派さも、ましてや毎年見事な花付きの良さを誇る枝垂れ桜は、遠くからも訪れる人がいるほどだ。何より愛情を込めて手入れを欠かさないご住職の愛情のたまものだろう。

14-IMG_-8501.jpg
その14

 名残を惜しみつつ、もう一度振り向いた。
【2015/04/26 00:00】 2015桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«馬酔木にアカタテハとクマンバチを見る | ホーム | 京都桜紀行 @寺之内妙蓮寺»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |