日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @東福寺開山堂

その1

 随分とご無沙汰してしまった雪景色紀行の続き。撮影は1月3日、通天橋の開門を待っていた。

2-IMG_-3811.jpg
その2

3-IMG_-3820.jpg
その3

 もちろん、開門を待つのは自分だけではないが、皆考えることは同じなので仲良く順番に。

4-IMG_-3840.jpg
その4

 開山堂へ上がる階段。ずっと遠くまで続いているようなこの空間が面白い。

5-IMG_-3842.jpg
その5

 さあ、やって来た。これまで見た以上にたっぷりと積もった雪。思った以上の積もり方に大満足。

6-IMG_-3844.jpg
その6

7-IMG_-3847.jpg
その7

 この広い雪原は、本来なら市松模様に砂紋が描かれているが、これでは全く解らない。ここに描いてあると思って、心の目で見てみようか?

8-IMG_-3862.jpg
その8

9-IMG_-3868.jpg
その9

10-IMG_-3877.jpg
その10

 などと悠長なことを言っている場合ではなくなってきた。まぶしいほどの日差しが青空とともに差し込んできたのだった。

11-IMG_-8052.jpg
その11

 そのころになるとちょうどお勤めの時刻になったようで、僧侶が来られた。

12-IMG_-8044.jpg
その12

13-IMG_-8043.jpg
その13

 多分、明かり取りの窓だとは思うのだが、ここから外を眺めたくて仕方がない。高いところは苦手だが、絶対に素晴らしい景色が見えるはずだから。

14-IMG_-8059.jpg
その14

 さあ、そろそろ次へと移動だ。随分と陽が差してきたら。この凍った池もあっという間に溶けてしまうのだろうな。

 この続きはまた今度。いや、それもあるかどうか・・・ と言うくらいな状態。城南宮やら興正寺、清水寺に智積院、御所、いろいろ梅花もあるのだが。

15-2015 1 3 通天橋
その15

2015 1 3 通天橋 - コピー-15のコピー

 今日のおまけはこれ。カメラアングルをもう少し下げてもよかったかな。
 
【2015/03/20 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«馬酔木メジロ | ホーム | 京都桜紀行 @三条大橋»
コメント
torimyさん、こんばんは。

雪景色が終わらないうちに春になってもうたから、
季節がわからんようになってしもたわ(--;)
来週はいよいよしだれ桜が咲き始める。
でもさー、やっぱり真っ白の雪と青空って、
堪らんよね~
【2015/03/20 23:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
桜の次に雪!
冬場 花咲かじいさん 働きすぎやったんやな~
青空に白い屋根 ちょっといいよね。
【2015/03/20 00:28】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |