日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @建仁寺
1-IMG_-3452.jpg
その1

 先日の続きを。さて、本当は両足院の前にこちらへ入る予定だったのだが、法要が行われていると言うことであと30分ほど待って欲しいととのこと。で、先に両足院へ入った。
 そしていよいよ建仁寺へ。潮音庭、○△□乃庭、その雪景色がなんとか見てみたい。受付に行くと既に拝観が始まっている。

2-IMG_-3500.jpg
その2

IMG_-3504 - コピー-2のコピー

 そして目の前に現れた潮音庭。

3-IMG_-3504.jpg
その3

4-IMG_-3496.jpg
その4

 雪の凹凸が、ある意味白い波模様にも見えたりして、そこから潮のざわめく音が響きそうだ。

5-IMG_-3513.jpg
その5

 ○△□乃庭、椿には花もなく屋根の雪もかなりずり落ちてしまっているが、ガラスに反射した光が中庭に当たっているのが面白い。

6-IMG_-3519.jpg
その6

 方丈庭大雄苑は一面の雪に覆われた。

7-IMG_-3520.jpg
その7

8-IMG_-3527.jpg
その8

9-IMG_-3539.jpg
その9

 既に陽も高く昇っているというのに本堂の屋根からまだ雪が落ちていなかったのが奇跡だ。

10-IMG_-3533.jpg
その10

11-IMG_-3532.jpg
その11

12-553A7904.jpg
その12

 ほどよく積もった雪は砂紋が見える。ハトもこの雪で寒かったのだろう。溶けて雪が消えたところに身を寄せ合っている。

13-IMG_-3545.jpg
その13

 納骨堂の前はもう少し残っているかと思ったが、案外そうでもなかった・・・ 日陰だからと思ったのだが。

14-IMG_-3543.jpg
その14

 反対に暖かだったのはこちら。外国人のご夫婦。偶然にも京都で雪景色に出会い、感動されたのだろうと想像する。きっと一生の思い出になるだろう。

 そんなほほえましい姿を見て、建仁寺をあとにした。

15-IMG_-3548.jpg
その15

 まぶしいほどの綺麗な青空だったが、悲しいことにお腹はぺこぺこ。朝6時半、いやもっと早かった。それからずっと雪道を歩いてくたくた。と言うわけで、ほら、ここに見えているお店へ。

16-IMG_-3550.jpg
その16

 牛若丸のシュークリームとコーヒーでちょっと一服。少々疲れたが、大満足の半日だった。しかし自分にはもう一つ仕事が残っていた。お店を出たとたんにかかって来た電話は、買い物をして来いと言うミッションだった。

 で、この続きはまた今度。本当に忙しい1日だった。
【2015/02/23 19:33】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«襟替え 祇園甲部紗月 その1 | ホーム | 雪のキジバトを見る»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

思った以上に雪が残っていたんで、
ほんまにびっくりでした。嬉しかったですよ。

シュークリーム、お店の前を通る度に眺めるだけだったので、
ようやく念願が叶いました、って、
普通に入ればよかったんですけどね(笑)
やっぱりお抹茶の風味がもの凄く美味しいです。
【2015/02/23 22:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
建仁寺さん、本当に真っ白だったのですね~。
方丈の一面の雪が綺麗で見事!
外国人のご夫婦、ほのぼのですね。
こりゃぁ一生の思い出ですね。ロマンチックな雪になったことでしょう(^-^)

牛若丸のシュークリーム、おいしいですよね~。
今日は一家で堪能させていただきました(^-^)
【2015/02/23 21:07】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |