日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @建仁寺塔頭両足院
1-IMG_-3455.jpg
その1

 先日の続きを。宇治から電車に乗って市内へと入る。向かった先は両足院。全く運がいいことに現在冬の特別公開中なのだ。四条辺りまで雪が積もることはまずないので、こちらの雪景色は貴重な記録だ。以前からこの辺りの雪景色も狙っていたので、もう期待に膨らんで空でも飛べそうな勢いだった。

 昨年から入り口がこちらに替わってしまい、以前の入り口のところにあった梅の花が撮れなくなったのがちょっと悲しい。特にこのような雪景色になったときは残念だ。

2-IMG_-3457.jpg
その2

 小さな坪庭にまでこれだけ雪が吹き込んでいる。いったいどれだけ降ったというのだろう?

3-IMG_-3460.jpg
その3

4-IMG_-3462.jpg
その4

 このとき時刻は既にお昼。さすがに屋根から落ちる雪は仕方がない。でも松に積もった雪の量はどうだ?十分ではないか。

5-IMG_-3465.jpg
その5

 本堂からちょっと額縁を撮ってみた。ふむ、なかなか見事ではないか。それでは本堂を回って池の方へ。

6-IMG_-3467.jpg
その6

7-IMG_-3469.jpg
その7

 わ、これは凄い。夏には半夏生で真っ白に覆われる池が、今は雪で真っ白になっている。まさかこれだけ降っていたとは驚いた。 

8-IMG_-3473.jpg
その8

 水面が見えなくなりそうなくらいに雪がてんこ盛り・・・ その僅かに見える水面には対岸に建つ茶室が写り込んでいる。

9-IMG_-3475.jpg
その9

IMG_-3475 - コピー-9のコピー

 ガラス越しではあるが、目の前に広がる雪化粧。半夏生どころか、完全な雪化粧だった。

10-IMG_-3478.jpg
その10

11-IMG_-3487.jpg
その11

 窓は開けないでと言うことだったので、廊下に出て外を眺める。白い雪原に点々と飛び石の部分が溶けている。

12-IMG_-3493.jpg
その12

 この日の大雪は珍しいところの雪景色を見せてくれた。次のシーズンの半夏生がまた楽しみになったのは言うまでもない。

 この続きはまた今度。
【2015/02/20 00:41】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都雪景色紀行 @おまけ編 | ホーム | 京都雪景色紀行 @回想録»
コメント
アラックさん、こんばんは。

この冬は凄い体験ばかりですよ。
10年分の雪景色を見た気分です。

お腹が元気になったら美味しいもの食べて、
体力を戻しましょう。
【2015/02/21 19:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、今日も良いものを見させていただきました、ありがとうございます。凄い世界がありましたね。アラック、昨日からお粥から脱しました。
【2015/02/21 06:31】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

今年の雪は本当に素晴らしい贈り物でしたよ。
笑いが止まらないというのは、このことかと(^^;
両足院の方も少しでも長く見て欲しいと思わはるでしょうね。
ここでお抹茶のお接待があったら3時間でも居たかも(笑)
【2015/02/21 00:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます~
本当にレアな風景を見せてくれましたね。
雪の庭園風景に癒されました。

私の時は帰ろうとしたら、もうちょっと見ていってと
言われててもう一度戻りました(笑)

本当にプレミアムな風景でしたね。
【2015/02/20 08:47】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |