日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @南禅寺方丈庭園
1-IMG_-2975.jpg
その1

 先日の続きを。

 三門から降りてまっすぐ向かったのは方丈。しかしこのとき既に時刻は16時を僅かに回ったところ。入り口は開いているのでまだ行けるか?

   済みません、まだ受付は可能でしょうか・・・m(_ _)m

 すると、もう終わりで30分しかないけどそれでもいいですかとのこと。もちろん、二つ返事で受付をさせていただいた。何という幸運。

2-IMG_-2976.jpg
その2

 いつもこの龍虎の間をちらっと覗くのが好きで・・・(笑) この雪の日は、特に遠いところを覗いているような気分だった。

3-IMG_-2979.jpg
その3

4-IMG_-2980.jpg
その4

5-IMG_-2983.jpg
その5

 大方丈前の庭は、真っ白で、砂紋さえ見えなかった。いや、よく目をこらして見たらかろうじて。

 さ、どんどん進もう。目に見えて暗くなっていくのが解る。続いて如心庭。

6-IMG_-2997.jpg
その6

7-IMG_-2998.jpg
その7

8-IMG_-3002.jpg
その8

9-IMG_-3008.jpg
その9

10-IMG_-3011.jpg
その10

11-IMG_-3014.jpg
その11

IMG_-3014 - コピー-11のコピー

 渡り廊下から見るこの景色もお気に入りの場所。特に南禅寺垣で囲まれた紅葉のお庭が好きなのだが、雪もみじもとても見事だ。

12-IMG_-3022.jpg
その12

 尾形光琳の八つ橋を思い出させる渡り廊下。雪が吹き込んでびっしょりと濡れていた。

13-IMG_-3039.jpg
その13

 ご厚意により、閉門間際に入れたのは本当に運がよかった。ずっと吹雪いていたが、それでも方丈の雪景色はなかなか見事だった。できればもう少しゆっくりと眺めたい気持ちでいっぱいだった。

 この続きはまた今度。
【2015/01/31 00:00】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都雪景色紀行 @南禅寺水路閣 | ホーム | スズメ並びを見る»
コメント
ディープさん、こんばんは。

暗くて大変でしたが、その分、雰囲気は確かに最高でした。
日が落ちるのがあと30分、待って欲しかったですね。
明日早朝なら市内も行けるかも、です。
【2015/01/31 22:01】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは〜
龍虎の間、大方丈前庭の雪原とたまりせんね。
雪空も重なり早めに暗くなり始めたようですが
落ち着いた感じが場の雰囲気にマッチしています。
先日に雪に出会えなかった時にいたずらに雪を
追いかけるのを止めようと思いましたが、
写真を見させてもらうとやっぱり写欲がわいて
きますね(笑)
【2015/01/31 21:31】 URL | deepseason #DdiHOXp.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |