日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @相国寺から比叡山
1-IMG_1659.jpg
その1

 京都市内の初雪、その最終回は相国寺から。

2-IMG_1660.jpg
その2

3-IMG_1663.jpg
その3

4-IMG_1670.jpg
その4

5-IMG_1671_20141223085838674.jpg
その5

6-IMG_1672_20141223085839438.jpg
その6

 紅葉時期にはいいロケーションが広がる相国寺も、雪の朝は寒々とした空気に包まれていた。その中で、法堂の迫力はどの時期に於いてもやはり圧倒されるものだった。

 さて、この時時刻は7時半を回っていた。8時の始業に間に合わせるべく行かなければ。

7-IMG_1674.jpg
その7

 と、言いながら近道は同志社大の真ん中を突っ切るルート。

8-IMG_1676r.jpg
その8

9-IMG_1677_20141223090711418.jpg
その9

 じっくりと撮ってみたい同志社大だが、この朝はまず行かないだろう場所から行ってしまったので、次の機会にしたいと思う。

 で、最後はこちら。

10-IMG_1689.jpg
その10

 某所から雪の妙法。

11-IMG_1696r.jpg
その11

 雪の舟形は形が判り難かったし、ちょっとクレーンが・・・(^^;

12-IMG_1702r.jpg
その12

 雪大文字は定番だが、初雪が早かったのでかろうじて紅葉とのコラボ。

13-IMG_1703r.jpg
その13

14-IMG_1709.jpg
その14

IMG_1709 - コピー-14のコピー

 夕方まで降ったり止んだりの珍しく1日雪模様の市内だった。
【2014/12/23 20:07】 2014-15雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都紅葉紀行 @洛北蓮華寺 | ホーム | 京都雪景色紀行 @寺町界隈»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

かするのではなく、がっつりといきたかったですね。
次の目標です。
いや、天寧寺の額縁雪比叡も撮りたい・・・
【2014/12/24 20:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おお、少しかすって頂いた同志社大学。
アーモストは門から中に入らせてもらえば、
芝生のお庭があるので、きっとここが雪原みたいだったはず・・・行きたかったなぁ。
大文字の五山も雪化粧でしたね。これも寒梅館
に登れば綺麗に見えたかなぁ・・・。
返すがえすも初雪が撮れなかったのが残念です(^_^;)
【2014/12/23 21:48】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |