日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @幡枝圓通寺
1-IMG_-8171.jpg
その1

 ここにも比叡山の借景がある。

2-IMG_-8176.jpg
その2

 門をくぐったとき、目の前が明るいことに気が付いた。昨シーズンの雪の日、ここにはもっと多くの樹木があった。蝋梅が雪を被っていたのも覚えている。その茂みが一切なくなっている。右手の大きな檜はそのままの姿だったが、左手のお庭は随分と手を加えて変えてしまわれたようだった。

 そんなこんなを思いながら拝観受け付けを済ませる。

3-IMG_-8180.jpg
その3

 杉木立の向こうには比叡山。よかった、はっきりと見えるではないか。

4-IMG_-8183.jpg
その4

 先客はたんまり・・・ この季節だ、それは仕方がない。やっと空いたところにタッチの差で入って来られたかなりのご年配の女性ふたり。固い板の間に座ろうとされるので、ホットカーペットの敷かれた座り心地のいい方へ促す。実のところ、そこに座られるとちょっと困るのだが、そんな高齢者を板の間に座らせるわけにはいかない。

 我ながらお人好しだなぁと思うが、やっぱりそんなことはさせられないではいか。これが厚かましそうなヤツなら舌打ちさえしたかも知れないが、申し訳なさそうに座る人には座り心地のいいところを勧めてあげなければ。

5-IMG_-8197.jpg
その5

6-IMG_-8240.jpg
その6

IMG_-8240 - コピー-6のコピー

 座る位置によって微妙に異なる比叡山の姿。

7-IMG_-8241.jpg
その7

 そんな姿を探すのもまた楽しい。今回もいい景色を見ることができた。

8 -IMG_-8174
その8

 名残惜しそうに振り返りながら帰途へ着いた。
【2014/12/22 00:00】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«早咲きの水仙 @宗像神社 | ホーム | 京都雪景色紀行 @上御霊神社»
コメント
アラックさん、こんばんは。

ずっと同じテープが流れています・・・(--;)
マンションは阻止されたようですよ、
ご安心を。
【2014/12/24 20:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、相変わらず、くそ坊主のダミ声が流れていますか、マンションはまだ大丈夫なんですかね。
【2014/12/23 15:21】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

計算し尽くされてるお庭の凄さやね。
【2014/12/22 22:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
方丈と中庭と そのずっと奥の向こうの景色まで・・・
すごい絵になってる。
紅葉が左右非対称に配されてるのもいい感じ。
【2014/12/22 05:46】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |