日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @高雄神護寺
1-IMG_3177.jpg
その1

   お地蔵さま、今年も来ましたよ

 夜明け前、まだ暗いうちに家を出てやって来た神護寺。いつものようにお地蔵さまにご挨拶をする。途中、ホテルの宿泊客だろうか、年配のご夫婦を追い越した。

   あんたぁ、元気やなぁ

   はい、通い慣れた道ですから

 いや、決して楽な石段ではないが、道々撮影しながらであれば休みなしで上がっていける。それに今日はちょっと急ぎたい目的もある。それは・・・

2-IMG_3182_2014110911164426f.jpg
その2

IMG_3182 - コピー-2のコピー

 間に合った!なんとか間に合った。今年は若干紅葉が早くて、焦って来たものの山門前はまだのようだったが、朝日の当たる山門を見たくて早起きをしてきたのだった。

3-IMG_3187.jpg
その3

 門の中からオレンジ色の朝陽を眺める。先におひとり先客がおられて、邪魔にならないよう大急ぎで中へ入らせて貰う。

4-IMG_3196.jpg
その4

5-IMG_3200.jpg
その5

 あっという間に陽は昇り、境内が淡いオレンジ色に包まれていく。

6-IMG_3206.jpg
その6

 ここにも先客。皆さん早起きだこと。下から先に撮りたかったが、彼に倣って石段を上がった。

7-IMG_3215.jpg
その7

8-IMG_3219.jpg
その8

9-IMG_3225.jpg
その9

 まだ金堂前の石段付近しか色づきは強くなかったが、この辺りの眺めは一番いいから充分かも。そう言っている間にも陽が射してくるのがよく解る。それでは当たってくるところから眺めていこう。

10-IMG_3226.jpg
その10

11-IMG_3230.jpg
その11

12-IMG_3235.jpg
その12

13-IMG_3239.jpg
その13

14-IMG_3242.jpg
その14

 う、眩しい・・・ でも気持ちの良い光だ。例年より少し早くに来たので、陽が射す時刻も少し早いのだった。では再び石段を降りる。

15-IMG_3273.jpg
その15

IMG_3273 - コピー-15のコピー

 定番ではあるが、やはりこの眺めは見ておきたいものだ。今年は特に朝日が当たっているところがちょっと嬉しかったりする。

16-IMG_3275.jpg
その16

 真っ赤なもみじは灰色の石段がより一層色の鮮やかさを引き立てる。

17-IMG_3282.jpg
その17

 ちょっとオレンジ色のもみじも愛でて。

18-IMG_3286.jpg
その18

 既に散りもみじになっているところもあったが、概ね満足できた。

19-IMG_3289.jpg
その19

 再び戻って来て、

20-IMG_3293.jpg
その20

 後光の射す(笑)山門を見たら帰ろうか。

21-IMG_3295.jpg
その21

 本坊も陽が当たってきたが、

22-IMG_3299.jpg
その22

 こちらの当たり具合の方が気持ちがいい。仁王さまもようやくお目覚めだろうか。振り返りながら石段を降りていった。

23-IMG_3300.jpg
その23

 休みどころのもみじももうすぐ盛りを迎えそうだ。その頃再訪したいものだと願いつつ、神護寺を後にした。
【2014/11/11 06:27】 2014紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«奈良紅葉紀行 @法隆寺 | ホーム | アオさんが飛ぶを見る»
コメント
アラックさん、こんばんは。

泊まりでないとそりゃあ厳しいですよ、
この時間帯は。
朝日が当たるところを見たら、
やっぱり病みつきになりそうです。
【2014/11/12 20:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、素晴らしいですね、もう、バグースですよ。何回か行っていますが、私も途中で何人も何人も追い抜きますが、0650京都駅発のJRバスでは全然遅いんです。
【2014/11/12 17:02】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
Yoshiさん、こんばんは。

ここは車がないと本当に不便です。
私が住んでいる場所からでも、
公共の交通機関を乗り継がねばなりません。
それでも紅葉の季節には行きたくなってしまうのです。
【2014/11/11 22:00】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

市内北部方面はなんとか私でも行けます。
病みつきになる場所ですね。

やっとお知らせできることができました。
私もほっとしています。
【2014/11/11 21:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

こんな早起きして出かけたのは初めてですわ(/_;)
おかげでいい景色を堪能することができました。
もう一度行けたらなぁと思います。
【2014/11/11 21:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
昨年行きましたが、結構不便な所なのでなかなか足が向きません。(笑)
この週末は下見がてら京都市内を見て回ろうかと思っています。まあ、さすがに神護寺や大原はないですけど。
【2014/11/11 20:44】 URL | Yoshi #tX1BiP8k[ 編集]
今年は此処へはお蔭で行かずに済ます予定(笑) このご近所へは訪ねようかと!

昨晩は貴重な情報をありがとうございました。
下旬辺りでやり繰りを調整しようかと・・・
【2014/11/11 11:26】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
来ましたねー!真っ赤な石段下。
そして楼門からの朝日も狙い通りですね。
楼門前もきれいで素晴らしい。私はちょっと早すぎる訪問でしたので、染まった楼門前の光景を見られて嬉しいです(^^)
【2014/11/11 06:53】 URL | Katsu #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |