日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

朗読サークル 木もれ日Genji 府民ホールアルティ公演 
1-IMG_-8968.jpg
その1 

 先日、木もれ日Genjiの最新作「紫式部といふものありけり」が、府民ホールアルティで行われた。今回もオリジナル脚本ではあるが、京都大学名誉教授でもあった、故河合隼雄先生没後7年を記念しての公演でもある。心理学者であった河合先生は、源氏物語は光源氏の物語ではなく、紫式部が光源氏を通して語らせた紫式部自身の物語だと言わしめた方である。

 よって、紫式部をメインに置き、光源氏と彼を取り巻く女たちに登場させ、これまでの脚本を散りばめて回想する、いわばちょっと美味しい舞台公演であった。

2-IMG_-8974.jpg
その2 

 そんなことで、特にこれと言ったストーリーはないので、舞台の様子だけを。今回の大きな特徴としては、ひとりが複数の登場人物を演じていると言うこと。それも舞台上でそれをやってのける。ではどうやるのかというと、それは黒子を使って羽織る衣裳で役を演じ分けるというもの。これまでにない発想で、少ない人数で行うための方法だった。

3-IMG_-8979.jpg
その3

 光源氏登場

4-IMG_-8992.jpg
その4

5-IMG_-8997.jpg
その5

 黒子さんが登場して

6-IMG_-8999.jpg
その6

 空蝉が現れた。このように変身する。

7-IMG_-9012.jpg
その7

8-IMG_-9020.jpg
その8

9-IMG_-9028.jpg
その9

10-IMG_-9042.jpg
その10

11-IMG_-9053.jpg
その11

12-IMG_-9063.jpg
その12

13-IMG_-9071.jpg
その13

14-IMG_-9074.jpg
その14

15-IMG_-9080.jpg
その15

16-IMG_-9091.jpg
その16

17-IMG_-9105.jpg
その17

 人がうつむいているように被せてあるのは、お琴の練習をしている女三の宮を現している。それを語るのは立っている女三の宮で、指先で弦をつま弾いているさまを表現している。

18-IMG_-9116.jpg
その18

19-IMG_-9117.jpg
その19

20-IMG_-9121.jpg
その20

21-IMG_-9131.jpg
その21

22-IMG_-9139.jpg
その22

23-IMG_-9152.jpg
その23

24-IMG_-9174.jpg
その24

25-IMG_-9175.jpg
その25

26-IMG_-9180.jpg
その26

 ロシア公演同様、舞台照明が素晴らしく、コントラストもきつくないため非常に見栄えがよかったが、しかしいかんせん、暗くて暗くて・・・ 舞台を撮影、もしくは夜間のイベントを撮られた方なら解るだろうが、動きものはとにかくたいへんだった。SSを三桁に乗せようと思うとどれだけのISO感度が必要だったか。ソフトでかなり修正はしているが、それでもまだちょっと綺麗には仕上がっていないと自分では感じる。
 あと半分、現像が残っている。お客さまの様子はここには出さないが、木もれ日の方には楽しみに待っておられるので、早く準備をしなくてはと焦り気味。済みませんがもうしばらくお待ち下さいな。
【2014/10/22 00:00】 朗読アンサンブル 京・Genji公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都三大祭り 時代祭2014 その1 | ホーム | 溺れたカマキリを救出する»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |