日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

初秋の三千院 
1-IMG_-8065.jpg
その1

 曇り空を狙って。撮影は8月24日。

2-IMG_-8073.jpg
その2

 早朝に小雨の降った朝、三千院はまだ目覚めたばかりだった。朝のお勤めの読経が遠くから響き、ようやく動き出した。

3-IMG_-8076.jpg
その3

 苔むした石灯籠の上には、きっと既に大地に溶け込もうとしているだろう蝉の抜け殻。蝉はこれから静かな眠りに就こうとしている。

4-IMG_-8079.jpg
その4

 苔むした庭には、秋の訪れを告げる秋海棠とヤブラン。きっと今朝の雨で目を覚ましたはずだ。

5-IMG_-8080.jpg
その5

 ガラスに映り込む姿を見ている秋海棠。身支度を調えなくては。

6-IMG_-8087.jpg
その6

 我々も、と言っているのはヤブランたち。

7-IMG_-8093.jpg
その7

 では縁側に座って、ゆっくり眺めるとしよう。

8-IMG_-8095.jpg
その8

 縁側の下にも秋海棠。苔緑を背景に赤紫の美しさが際立つ。

9-IMG_-8101.jpg
その9

 少し遠くに目をやれば、そこにはギボウシの群生。その背後に控えるのは半夏生。

10-IMG_-8111.jpg
その10

 ヤブランの大きな株は、遠近感を付けて。

11-IMG_-8120.jpg
その11

 どこからともなく聞こえてくる低い羽音はここだった。

12-IMG_-8125.jpg
その12

13-IMG_-8126.jpg
その13

14-IMG_-8130.jpg
その14

 お気に入りの景色を堪能したら次へ移動しよう。

15-IMG_-8134.jpg
その15

 静かだった。しっとりとした湿気を含んだ空気は、微かに苔の香りがする。付けていたグローブを外し、荷物を降ろすと居住まいを直して静かに手を合わせる。ご本尊さまにご挨拶をするのに、先程のおばさんは立ったままだった。神社の参拝じゃあるまいし。

 おみくじを開いてじっと見ている若い女の子。邪魔になったが、しばらく待った。すると同じようにじっと座って極楽往生院に向かって手を合わせている男性がいる。彼女らに声を掛けなくてよかった。

16-IMG_-8143.jpg
その16

17-IMG_-8147.jpg
その17

18-IMG_-8154.jpg
その18

 雨上がりの苔が余りにも綺麗だったので、思わずたくさんシャッターを切ってしまった。

19-IMG_-8157.jpg
その19

 杉木立とこれから紅葉を迎えるであろう、まだ美しい深い緑のもみじの茂みで、足元はやや暗い。

20-IMG_-8165.jpg
その20

 ここへ来ると、ついやってしまうのが鯉を空中に泳がせること。

   ちょっと阿修羅王さん、私で遊ばないで下さいよ(>_<)

   まぁまぁ、そう固いことを言わないで(笑)

   遊ぶ暇があったら、ちょっと見て欲しいものがあるんですよ

   なんですか

 お地蔵さまが私に頼み事って、いったい何だろう。

21-IMG_-8167.jpg
その21

   私の向背の左下、その辺がくすぐったいんですが、何か付いていますか 自分では見えないのですよ

 そう言われて目を懲らすと、

22-IMG_-8170.jpg
その22

IMG_-8170 - コピー-22のコピー

 なんと言うことか、蝉の抜け殻が付いている。それが風に吹かれたりしたときに揺れてくすぐったいのかも知れない。

23-IMG_-8172.jpg
その23

   ああ、そうだったのですか。蝉が私の背中で羽化していたのですね。それは気が付きませんでした。
   それでは再び地に戻れるまでそっとしてやりましょう

 お地蔵さまはそう言って、また視線を足元に戻した。

24-IMG_-8174.jpg
その24

 静かな朝だった。この続きはまた今度。
【2014/08/31 22:57】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«鴨川パトロール 知らないヤツを見る | ホーム | 徒然旅行記 ロシア紀行その8 エルミタージュ美術館»
コメント
ディープさん、こんばんは。

このお地蔵さまは定番なので、
毎回しっかりと拝見してしまいます。
今回はあれ?と、見つけてしまいました。
【2014/09/01 22:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鍵コメさん、こんばんは。

まさにそれを狙ってのことだったので、
とても嬉しく思います。
【2014/09/01 22:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

本当に何度も足を運びたくなりますね。
この時はまだ咲き始めだったので、
もう一度行きたいと思いますが、
う~ん、無理かなぁ。
【2014/09/01 22:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは〜
童話ですね。 お地蔵さんの蝉の
脱け殻に気づくなんて、素晴らしい
観察力です。
【2014/09/01 21:25】 URL | deepseason #DdiHOXp.[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/09/01 14:56】 | #[ 編集]
おはようございます~。
曇り空のベストなタイミングで
訪れられたのではないでしょうか(^^)
シュウカイドウも綺麗に咲いていて
今の季節は何度も足を運びたくなります(^^)
有清園も緑が綺麗でなかなか立ち去る事が
出来ませんでした(^^;)
【2014/09/01 06:23】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |