日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

朗読サークル 木もれ日Genji サンクトペテルブルグ公演
1-IMG_-6732.jpg
その1

 やっと本題まで辿り付けた・・・ 公演の時だけの臨時職員(笑)みたいな仕事をさせて頂いているおかげで、再び海外公演に付いていくことができた。今回は小さいながらもちゃんとした国立劇場での公演と言うことで、そちらのプロのスタッフと一緒に作り上げていたようなものだ。
 特に照明の女性スタッフのアーニャは、ひとつ言えば10理解してくれるくらいのベテラン。7月に京都市国際交流会館での資料をまとめて持って行き、助っ人に頼んだお能の経験もある大学の先生に通訳して頂いて、細かな注文にも応じて頂いた。会場の大きさの関係もあり、同じようにはいかないが、ロシア人の照明技術と感性をコラボして、凄いものができたと思う。
 音楽操作には留学中の京産大の学生さんに来て頂いたのだが、こう言ったことに強い同じく留学中の友人に頼んでくれて、こちらも細かな調節までできる頼もしい助っ人に助けて貰いながら、音響効果もばっちりだった。
 初めて顔を合わせて2日間で作り上げたロシアバージョンの「うたかたの 花の夢」、多くの方々に助けられ、ご指導をいただき、7月のプレ公演よりもっといいものを作り上げることができたと思う。

 そんな公演の開始前の舞台挨拶は、通訳とガイドをしてくれた現地のガイド、エカテリーナさんだ。日本にも留学していたという日本語も堪能で、日本の文化にもかなり精通している彼女は、挨拶のロシア語通訳を買って出てくれた。娘の晴れ舞台をお母さんも見に来て下さったらしい。

 と、舞台裏の説明はこれくらいにして、ストーリーも気にせず、どんな舞台だったのかどうか見て欲しい。衣裳は京都府から声が掛かったおかげで、上等なちゃんとした舞台衣裳を井筒企画さんからお借りした。アーニャ手作りの照明はシートを切って手作りした木漏れ日と、お能の舞台背景にある松が見所のポイントだ。

2-IMG_-6733.jpg
その2

3-IMG_-6743.jpg
その3

4-IMG_-6765.jpg
その4

5-IMG_-6781.jpg
その5

6-IMG_-6791.jpg
その6

7-IMG_-6792.jpg
その7

8-IMG_-6812.jpg
その8

9-IMG_-6818.jpg
その9

10-IMG_-6832.jpg
その10

11-IMG_-6860.jpg
その11

12-IMG_-6877.jpg
その12

13-IMG_-6893.jpg
その13

14-IMG_-6912.jpg
その14

15-IMG_-6938.jpg
その15

16-IMG_-6959.jpg
その16

17-IMG_-6982.jpg
その17

18-IMG_-7008.jpg
その18

19-IMG_-7013.jpg
その19

20-IMG_-7014.jpg
その20

 コントラストもきつく手持ち撮影も暗い舞台ではかなりしんどくて、三脚を据える場所もなく、たいへんだった。動画撮影用に自立タイプの一脚を立てるスペースがやっとで、劇場内はきっと30度に近いくらいの酷い気温という、かなり過酷な環境での舞台と撮影だった。高いISO感度での撮影はノイズも強く、帰ってからの現像作業は旅の疲れも出て死にそうだった。それでもなんとか見られるくらいに仕上がり、改めて見ているとみんなで苦労して作り上げた作品なんだと感無量だ。

 公演時間は1時間40分余り。舞台上は照明の熱で床暖房くらいに暑い。客席もエアコンは入っているがあまり効果はなく、多くの人が扇子で扇いでいる。山田知事さんと奥さまはきちっと和服姿で、知事さんの紋付き袴はまたよくお似合いだった。扇子で扇いでおられたが、それでも涼しい顔。同行した人たちの中には、向こうの州政府の方たちがきちっとスーツ姿を崩しておられないのに、ジャケットを脱ぎ、ネクタイも外して公演の途中で出たり入ったり。エカテリーナに、挨拶の時に暑いからジャケットを脱いで楽にして下さいと言ってくれないかと言うと、州政府の方に対してそんな失礼なことは絶対に言ってはいけない、暑くても服装を乱してはいけないのだと言われた。そんなことがあったので、暑い暑いと途中で席を立つ人が非常に見苦しかった。同じ日本から来たものとして、恥ずかしいと思った。そう思ったら知事さんはやっぱり紳士だ。行政の上に立つ人はやっぱり違う。

 そんなこんなで、舞台だけは大成功だったと思う。初日に来られたお客さまの中には、一緒に写真を撮りたいと入れ替わり立ち替わりだったし、入国時に一緒になった男子学生とその叔母さまも来て下さり、そんなことにも嬉しくなった。しかしその時は私は撮影が必死で、感動する暇もなかったのだった。

 され、舞台は終わったが、もう少し旅行記の続きを残しているので、この続きはまた今度。 
【2014/08/27 00:00】 朗読アンサンブル 京・Genji公演 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«秋の空 | ホーム | 地蔵盆»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

そうか、原因はクールビズでしたか(爆)
本当に失礼でしたよ、情けないくらいに。
花街の芸舞妓を見習え!と、渇を入れないといけませんね。

撮影はいつも真剣勝負ですが、
海外公演となると、特に緊張しますね。
【2014/08/27 20:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
公演、おつかれさまでした。
ロシアでこの装束の公演となると、見に来られた方も日本文化の真髄に触れられたことでしょうね。
カメラマンもこなされて、大変だったことと思います。

日本人ビジネスマンは、すっかりクールビズとやらで腑抜けてしまいましたので、暑い中スーツを着るのが耐えられなくなってますね。昔はどんな暑い日も上着は手放さなかったし、公式な場ではキッチリ着ていました。
かく言う私も、ネクタイするのが嫌で嫌で・・・(笑)

ああ、暑い日に黒紋付を着てあいさつ回りをされる芸舞妓さんを見習わねば、と思う今日このごろです(笑)
【2014/08/27 00:46】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |