日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

五山の送り火 
1-IMG_-7727r.jpg
その1

 前夜から激しい豪雨に襲われた京都市内。鴨川も増水し、再び当日のお昼前から断続的に豪雨となった16日は、五山の送り火。これは行事ではなく、祭事なので余程のことさえなければ行われる。それ故、「大文字焼き」などという言い方にはかちんと来るし、検索エンジンのキーワードにもその言葉が出てくると、知らない人がこう言った履歴を残すのだと思うとちょっと悲しくなる。
 火床にはシートが掛けられ、濡れないように保護されていた。夕方まで降っていた雨も暗くなる頃にはようやく上がり、点火を待った。

 20時ちょうど、大文字にぽつんとオレンジ色の炎が見えた。それに続き、見る間に大の文字を形作っていく。しかし、やはり直前までの雨の影響が残っているのか、火の燃え広がりが今イチだった。

2-IMG_-7682r_20140817205122268.jpg
その2

 続いて20時05分、妙法に灯りが灯る。

3-IMG_-7697.jpg
その3

4-IMG_-7701.jpg
その4

 今年から5分間隔で点火されたのだが、妙法は同時の点火だった、らしい・・・ 私はこのポジションまで行った時には既に両方文字が浮かび上がっていたので、確認はできておらず、写友さんからその旨をお聞きした。

5-IMG_-7713.jpg
その5

 妙法から舟形は近い。横目で灯っていくのが見える。頃よく燃えさかる頃を見計らう。

6-IMG_-7715r.jpg
その6

 何となく霞んで見えたので、露光時間を若干長めにしてみると、霧の中にいるように見えた。これもあとから写友さんたちの画像を拝見してみると、もっと麓からご覧になった方々は、川霧が上がってきて、幽玄のような姿に見えたとのこと。ちょっと気になる姿に感動した。

8-IMG_-7758r.jpg
その7

 左大文字はちょっと小振りだ。しかし大文字のように堂々と見事な筆さばきが魅力ではないだろうか。素晴らしい形だと思う。

7-IMG_-7749r.jpg
その8

 8時20分、いよいよ最後の鳥居に点火。さすがに嵯峨野では遠くて、かな~りのトリミング。広沢の池には、今頃は色とりどりの灯籠が流されているのだろうなぁと思いながら、静かに合掌して亡き父や叔父叔母の冥福を祈った。折しもこの日は、叔父と叔母の13回忌の法要をしているはずだった。

 1週間前は台風で、そして今週は停滞した前線の影響で、市内も大きな被害を受けた。府下では亡くなられた方や、大きな被害に遭われた方など、被害が広がっている。どうか1日でも早い復興が行われることを願います (合掌)
【2014/08/17 21:27】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«鴨川パトロール 台風一過 | ホーム | 徒然旅行記 ロシア紀行その4 第1日目は視察»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

そ、やっぱり夏の終わりのけじめですね。
送り火を境に涼しくなるはずですが、
最近の気候では無理のようです。
しかし、けじめはけじめと自分で言い聞かせる節目としています。
いや、なんのけじめやろ・・・ 自分でもよう解りませんけど、
夏休みは終わったと言い聞かせます。
確かに新しい機械と場所のマニュアル作りと、
ロシアの写真のアルバム作りがめっちゃ忙しいです。

当分ここからの撮影になります。
【2014/08/17 21:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
やっぱりいいポジションですね~。
ほとんど全部見えるとは素晴らしい。
結局昨日は家から動けずだったので、うらやましいです。
でも、見せてもらえて良かった~。
大文字送り火を見ないと、お盆が終わった気がしませんよね(^-^)。
【2014/08/17 21:33】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |