FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

桂離宮
1-IMG_-2683.jpg
その1

 初めてではないのだが、3・4年前のデータを探すのが面倒で、偶然に見つけた空きに滑り込むことができ拝観を申し込んだら許可が下りた。なんてラッキーなのだろう。最近の離宮拝観申し込みは激戦なのだ。

 と言うわけで、まずは桂垣から。生きた竹を折り曲げて作る独特な作り方はここだけのもの。

2-IMG_-2688.jpg
その2

 開かずの門、勅使門は今でも皇族の方がお越しになった時には使われる。

3-IMG_-2903.jpg
その3

 朝一番の定刻、さあ、出発だ。独断と偏見で、自分が好きな景色をキャプションは殆どなしで申し訳ないけど。拝観の道順に行くので。詳細がお知りになりたい方は、宮内庁のサイトでもご覧になられよ。

4-IMG_-2702.jpg
その4

 御幸門は勅使門から入ってその奥になる。ここまでは車で入るわけだな。

5-IMG_-2709.jpg
その5

 島津家から贈られたソテツ。日本庭園にあって、ここだけが南国の風が吹く。

6-IMG_-2721.jpg
その6

 池の向こうに建物が見えてきた。基本、こちらにある建造物は離宮という設定上茶室が多い。それも意匠を凝らした茶室だ。田舎屋を模したと言う感じの建物が多い。

7-IMG_-2727.jpg
その7

8-IMG_-2731.jpg
その8

9-IMG_-2733.jpg
その9

10-IMG_-2735.jpg
その10

11-IMG_-2740.jpg
その11

12-IMG_-2747.jpg
その12

 この建物が書院。月見台のある建物だ。後から建て増しした部分があるので、ちょっと変わった形になっているそうだ。

13-IMG_-2756.jpg
その13

 桂離宮の中でもこの市松模様の襖は有名だ。いつも陽が当たっているところはちょっと色褪せてしまっているが、往年の美しい藍色は健在だ。

14-IMG_-2760.jpg
その14

15-IMG_-2777.jpg
その15

 人をやり過ごしながら色々な角度から。

16-IMG_-2792.jpg
その16

 池を渡る土橋はアーチを呈している。この左手の船着き場に行くために、この橋の下を小舟が通るからだ。アーチの一番高いところは、そこそこあって眺めがよい。

17-IMG_-2797.jpg
その17

 書院の直ぐ近くまで来たが、こちらはもう少し後に通る。

18-IMG_-2815.jpg
その18

 だから今のうちにこの通路を撮っておかねば。知っているからできる小技。

19-IMG_-2826.jpg
その19

 この建物の向こう側には田んぼがある。地元の農家さんに稲を作ってもらっている。修学院離宮と同じで、景色の保存のためだ。秋の金色の稲穂が輝く季節はまた風情があって好きな景色。

20-IMG_-2854.jpg
その20

21-IMG_-2869.jpg
その21

 書院の月見台の前を通る。ここでは立ち止まれない。この月見台でのお月見は、さぞかしよい眺めであっただろう。

22-IMG_-2881.jpg
その22

 こちらはまた楽しい仕掛けがある。左の窓は山の景色を、右の窓は海の景色をそれ々楽しめる工夫になっているのだ。

23-IMG_-2898.jpg
その23

 さあ、一周回って入り口まで戻って来た。

24-IMG_-2891.jpg
その24

 離宮と言うだけあって、遊び心が随所に現れていてなかなか見所がある。これからの季節は萩が咲き稲穂が金色に揺れる。こちらの雪景色が是非とも撮りたいものなのだが、かなり難しい・・・
【2014/07/17 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«鴨川パトロール 人慣れスズメを見る | ホーム | 鴨川パトロール コギさんの怪しい行動を見る»
コメント
Katsuさん、おはようございます。

市松模様、気になるでしょう?
閉めてある部分は色が残っていて、もっと綺麗なんです。
私もここがお気に入りです。
離宮の中で一番華やかかもしれませんね。
【2014/07/21 07:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
私、修学院離宮は何度も行っているのですが、桂離宮は未訪問なんです。
市松模様の襖にクギヅケです。
重森三玲庭園美術館でもこの色合の市松模様の襖を見ましたが、ここに着想されたのですかね、なんて思っちゃいました。あちらは波になっている分、モダンですけどね(^-^)

桂離宮、機会を得られれば行ってみたいです。
【2014/07/20 00:35】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

離宮の申し込みは本当に激戦ですね。
数年前は結構気軽に行っていたのですが・・・
明日の人出は多いでしょうね。覚悟してお出かけ下さいね。
【2014/07/19 21:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、見たい行きたい、夢の離宮をありがとうございます、バグースです。アラックの税金も維持整備に使われているな。明日は、日帰りで後祭の曳き初めを見たいのですが、人出で全然撮れないのかな、やっぱり。
【2014/07/19 07:08】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

私ね、離宮の中でここが一番洗練されてると思うんよ。
10年近く前に、お正月に特集やってて、
そこから興味を持ち始めたわけ。
【2014/07/17 20:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ここってやっぱものすごくじみぃ~~~な贅沢よね。
華やかさとか豪華さを抑えに抑えた 不思議な空間。
【2014/07/17 00:08】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |