日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

芬陀院でお茶を
1-IMG_-3001.jpg
その1

 サツキの季節もとうの昔に終わり、この春はとうとう訪問する機会も失ってしまった芬陀院。近くまで行ったので、お茶をしにお邪魔した。

2-IMG_-3004.jpg
その2

 この時期、例えば沙羅などのめぼしいものがあるわけでもないが、緑と石畳のアプローチはどの季節でも心惹かれる景色。

3-IMG_-3005.jpg
その3

 先客は女性客ふたりだけ。訪問の一番の目的は奥さまにある。1年間拾い溜めた木の実などを届けるためだった。室内のお地蔵さまの前に飾られた木の実の一部分は、私が奉納したものだ。

4-IMG_-3007.jpg
その4

 毎回楽しみなのが生けてあるお花。さすがにちょっとお花が少ない。綺麗な緑でまとめてあるのもすがすがしい。

5-IMG_-3012.jpg
その5

 楽しみと言えばこれ・・・ 蚊取り線香なのだ。

6-IMG_-3014.jpg
その6

 障子の隙間から。

7-IMG_-3015.jpg
その7

IMG_-3015 - コピー-7のコピー

 その隙間からちょっと覗いたら目に入った大きな樹木は木斛。咲き始めでまだそれほど甘い香りは届かないが、満開になった時にはきっと素晴らしい香りがすると思われる。

8-IMG_-3018.jpg
その8

 さあ、お茶にしよう。見慣れたお菓子と舌が覚えている薄茶。このお茶は多分、寺町の蓬莱堂さんのもの。宣伝するようだが、あそこのお茶は美味しいから。大きなお店も京都にはたくさんあるが、気軽にご主人とお話をしながら希望のものを選びたいときにはお勧めのお店。ここと泉涌寺の大谷茶補が私にお気に入り。

 おっとお茶で話が反れた。

9-IMG_-3020.jpg
その9

10-IMG_-3021.jpg
その10

 障子越しの柔らかい白さは、人の心の奥まで照らすようだ。

11-IMG_-3019.jpg
その11

 よく知っている場所だが、その分久し振りにまたあの場面が見たい、と言う気分にさせてくれる。

12-IMG_-3024.jpg
その12

15-IMG_-3034.jpg
その13

13-IMG_-3025.jpg
その14

14-IMG_-3029.jpg
その15

 今回は日本の伝統的な文化の取材も兼ねていたので、特にこの北側の苔のむしたお庭や茶室、丸い窓などが余計に目新しく見えた。それに、こんな内部まで入ることのできる茶室は滅多にない。外から見るだけだとか、撮禁だとか・・・ 撮ってみたいと思うひとつが圓徳院の茶室。

16-IMG_-3040.jpg
その16

17-IMG_-3047.jpg
その17

 ちょっと嬉しかったのがこの空間。畳の表が替えられ、いつもは襖を開けただけのこの部屋は、襖が外されていたのだ。夏のしつらえなのだろうか。また、藺草の真新しい香りがいい香り。

18-IMG_-3049.jpg
その18

19-IMG_-3051.jpg
その19

 入れ替わり立ち替わり何人もの拝観者がやって来ては帰って行く。ここを訪れる人たちは、騒ぐような人は殆ど見たことがない。この建物が醸し出す空気感を読むのだろうか。光明院や天得院は、桔梗も見ずに大きな声でおしゃべりに興ずるおばさんの姿はよく見かける。この差はなんだろう?

 久し振りの訪問に、奥さまと長い時間おしゃべりをしてしまった。子供の頃からお花が好きで堪らなかったこと等々・・・ 拝観に来られた方が、思わず玄関で脚を止めてしまったほどおしゃべりを楽しんでいたのだ。それをきっかけにお暇を告げた。
 帰りしな、手土産にこちらで使われているお香をいただいた。独特の上品な甘い香りに癒されていたのだが、箱を見るとなんとまあ、松栄堂さんのものだった。白檀をメインに丁字となんだったかな、忘れてしまったが、そんなくどい甘さではなく上品な甘い香りのお香だ。お線香と言うよりは、普通にお香として使ってと仰った。なくなったから送ってと、遠くから電話連絡もあるそうな・・・ お気に入りの人も多いのだろう。そうだな、今度実家に帰ったら(いつだ?)、父と叔父叔母の仏前に焚いてあげよう。今年は叔母の17回忌だったはず。

20-IMG_-3058.jpg
その20

 ようやく紫陽花も色づいてきた。
【2014/07/09 00:00】 神社仏閣 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«徒然道草 ヘルメット着用義務は? | ホーム | 子ツバメ»
コメント
eiさん、こんばんは。

ここでの撮影会、やってみたいですよね。
私もそう思います。
光明院では撮っている人がいましたね。
サイトに上がっていました。
【2014/07/09 19:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsu さん、こんばんは。

木斛は私も今回初めて気が付きました。
この時期には多分行かないと思うので。
襖がないと、こんなに広かったんだ~って、
ちょっと感動です。
写友さんたちとの会合に使いたいと思いたくなる空間でした。
【2014/07/09 19:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
此処は失礼ですが、これっといった物は無いのですが、
この空間に惹かれて訪ねたくなりますね~
本当の日本の良さを求める所の一つです。
舞妓を座らせてあげたいのだけれどねぇ~
でも、それがきっかけで違う目的の観光客が来たら迷惑だろうし・・・
からげで撮影無しで行こうかな(笑)
【2014/07/09 05:14】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
木斛が咲くんですね。知らなかった~。
芬陀院も落ち着くお寺なので大好きです。
その16の広々とした画が素敵ですね。
これは次回、狙ってみよう!(^-^)

私も臥雲橋下のアジサイ撮りました~。
日陰だからか、7/5でも綺麗に咲いていましたよ(^-^)
【2014/07/09 01:11】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |