日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

富士山一周ツアーその4 ホテルから西湖
1-IMG_-7171.jpg
その1

 昨日の続きを。一夜明けて・・・ カーテンを開けたが空は曇っている。微かに太陽の光がその隙間から見えたのもつかの間、直ぐに厚い雲に覆われた。今日はどんなお天気になるのか、かなり心配だった。
 7時朝食8時出発になっていたので、朝の撮影は必然的にご飯前の6時前から。これこそが「あさめし前」? とは言え、お腹が空いていたので電気ポットでお湯を沸かし、お部屋に準備してあったお茶を入れ、おやつに持って行っていたバームクーヘンの小さな一切れを食べて腹ごしらえをしたら出発。

2-IMG_-7181.jpg
その2

 ホテルの周りは一面のお花畑のようにツツジが咲き乱れ、ハナミズキはさすがにちょっとだけ盛り過ぎ。

3-IMG_-7188.jpg
その3

4-IMG_-7191.jpg
その4

IMG_-7191 - コピー-4のコピー

 近くの小さな川岸には、びっしりと花菱草のピンク色に染まった絨毯。緑の中のピンク色がとても春らしい表情だ。

5-IMG_-7199.jpg
その5

 ジャーマンアイリスも盛りを迎え始めたところだった。市民の皆さんがボランティアでお世話をされているとのこと。見事なお花畑だ。

6-IMG_-7214.jpg
その6

 影になっている川底には、丸まると太った真鯉がぎっしり・・・ 押し合いへし合いだった。

7-IMG_-7225.jpg
その7

 ぐるっと回って来て、ホテルの駐車場で野良子の猫さんがふたり。ひとりは先に隠れてしまい、この子はちょっと慣れているようだったが、余り近寄らせて貰えなかった。誰か餌付けをしているのか、かりかりの残りが僅かに落ちている。
 その駐車場を横切って隣にある公園へ。

8-IMG_-7245.jpg
その8

 お、こんなところにミニ富士が。いや、富士山でないにしろ、連峰ができている。

9-IMG_-7246.jpg
その9

 逆さ富士とか?

11-IMG_-7255.jpg
その11

 朝の散歩を楽しんでいたのは猫さん。

12-IMG_-7216.jpg
その12

 コンビニの店先にあった電気自動車。

13-IMG_-7262.jpg
その13

 気が付けば朝食の時刻になっていた。出発前、部屋の窓から甲府の街を眺めて名残を惜しむ。

14-IMG_-7265.jpg
その14

 走り始めて間もなく、車窓から見えた街灯に富士山を見つけて、これも嬉しくなった。さあ、今日こそは見えるといいな。

15-IMG_-7268.jpg
その15

 昨夜、霧と小雨の中越えてきた峠道、眼下には今度こそ甲府の街が綺麗に見えた。

16-IMG_-7294.jpg
その16

 冷たい風が吹いていた精進湖も、穏やかな顔を見せてくれた。

 やがて、もうすぐ西湖に到着すると言うときに、ガイドさんが後方を指さした。

17-IMG_-7307.jpg
その17

   あっ、見えましたね!

 その声にみんなは後ろを振り向いて、大歓声。そこには雲の帽子を被った富士山が、窓ガラスいっぱいに広がっていたのだった。

18-IMG_-7322.jpg
その18

IMG_-7322 - コピー-18のコピー

 駐車場から少し奥まったとこまで行き、その広々とした湖水の向こうに見える富士山を眺めていると、ちょっとした風の向きで雲がかかったり切れたりと、随分と表情が違って見える。ああ、しかしもう少し空がすっきりと晴れていたらなぁと、やっぱり贅沢を思う。

19-IMG_-7349.jpg
その19

 再び走り出したバスの車窓から、やっぱり名残惜しげにシャッターを切っている人が多かった。 この続きはまた今度。

 ちょっと忙しくしています。続きが少し間が空くかも知れません。
【2014/05/30 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都府警察音楽隊ふれあいコンサート @京都駅ビル | ホーム | 京都サツキ紀行 @曼殊院»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |