FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

富士山一周ツアーその2 白糸の滝から田貫湖
1-IMG_-6962.jpg
その1

IMG_-6962 - コピー-1のコピー

 昨日の続きを。さて、雨の浅間大社を出てそのまま北へ向かうが、やっぱりずっと小雨の続く旅路。まあ、これではこの日はもう富士山は見えないだろう。そう思ったら諦めもつく。次も山を望むと言うより滝なので問題なし。行き先は白糸の滝。富士山麓からこんこんと涌き水が滝のように流れ落ちる名所だ。

2-IMG_-6968.jpg
その2

 しかし煙るような小雨の中、清流は見えない。ふむ、ちょっと誤算だったか。滝壺の近くまで行かれない方用に、ビューポイントが作ってあった。これがその眺め。

3-IMG_-6991.jpg
その3

4-IMG_-6993.jpg
その4

 坂道と階段を降りて行くと、その湾曲した滝壺の全容が見えてくる。暑い陽射しの照りつける日中なら、ミストが降り注いで気持ちがいいだろうが、雨降りだと景色も薄ぼんやりとしてしまりがない。

5-IMG_-7004.jpg
その5

 足場がある、近づけるところまで行ってみたが、細かなしぶきが掛かって、もうどうしようもない。この迫力をどうやって表現したらいいものか途方に暮れた。やはり1枚目のように、滝の大きさと人物の小ささの対比が一番解りやすいか。

 おっと、ちょっとゆっくりしてしまった。駐車場までかなり距離があるし、もうひとつ滝を見なくては。降りて来る時には先客でいっぱいで見られなかったのだった。

6-IMG_-7018_20140526154820616.jpg
その6

7-IMG_-7019.jpg
その7

  こちらは売店裏になる音止めの滝という。落差25mと書いてあった。ごうごうと落ちる滝は、近くで喋っていても聞こえないほどだ。この感覚は大原の音無の滝みたいだな。この下は深い谷底なので、柵が張り巡らされて危険防止対策が取られていたために、深い谷底までは見えなかった。

 さあ、ここでも大急ぎ。みんな結構濡れながらバスに帰ってきて、湿度の高いこと。カメラも服もしっとりと濡れてしまった。次のポイントに向かって走り出したバスの窓ガラスも、湿気ですっかり曇っている。窓を拭きながら外を見ていると、発電設備の施設が見えて来た。

8-IMG_-7039.jpg
その8

 霧のかかった谷間にたたずむその建物には、東電の文字と白糸発電所と読める。原発だけでなく、ここではこのような小さな規模ながら水力発電も行っているのか。京都でも日吉ダムの落差を利用して、小規模の発電をまだ行っている施設のある。少しでも利用できるものがあれば利用しなければ。

9-IMG_-7042_20140526154845f40.jpg
その9

 お天気が悪いせいで少し暗くなり始めた。次に到着したのは富士山のビューポイント田貫湖。この先に富士山が見えるはずだったが、この雨とガスでは視界も悪い。

10-IMG_-7053.jpg
その10

   そんなにがっかりした顔すんなよ

   え?あんた誰・・・?

 富士山の代わりに迎えてくれたのはカナダガンだった。あらら、私には初見だ。

11-IMG_-7054.jpg
その11

   空振りでは帰さないからさ 元気出して行けよ

   うんうん、ほんまやね 初めて見られた顔やから嬉しいで

12-IMG_-7055.jpg
その12

 生憎の雨降りを気の毒がってくれた。あまりにもお天気が悪いので、みんな集合時刻よりかなり早く帰って来たのだった。もちろん、今度は私も5分前に。え?あんまり変わらんやろって? う~ん、そうかも・・・

 バスは再び峠越えを始めた。富士山の外輪の麓を沿う形になる。道の駅朝霧高原もお天気がよければ東側に富士山が見えるはずだった。しかし外は強い風と濃いガスに覆われ、山どころか、辺りに広がる牧草地さえ見えない有様だ。バスから降りてみんな一様に

   さぶっ!

13-IMG_-7068.jpg
その13

14-IMG_-7072.jpg
その14

   ワシらもさぶいで~

 と、悲鳴を上げていたのは鯉のぼり。強い風にあおられ、暗い空の下で吹きさらしになっていた。バスに戻った時、ガイドさんと添乗員さんに、

   鯉のぼりも寒そうでしたねぇ

 と言うと、ふたりとも大笑いだった。

15-IMG_-7079.jpg
その15

 余りの寒さに売店で直送の牛乳のホットを飲むことにした。この近くにある牧場だそうだが、思ったほどこくがなくてがっかり・・・

 晴れていたらきっと気持ちのよい高原だったであろう朝霧高原。さすがにここは残念だった。この続きはまた今度。
【2014/05/26 20:16】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«下鴨神社に姫卯木が咲く | ホーム | こんな所でマーさんに逢う»
コメント
アラックさん、こんばんは。

視界は数十mでしたよ(笑)
高原は大好きです。広々とした牧草地に富士山、
見たかったなぁ。
また機会があれば挑戦です。
梅、ありがとうございます。
とても美味しいシロップができるんです。
【2014/05/27 20:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
davidmittuさん、こんばんは。

やっぱり地元情報は詳しいですよね。
きっと牧場で飲めたら絞りたてでおいしかったと思いますね。
TVで見ることの多い白糸の滝、やっと目の前で見られました。
規模の大きさに呆然でしたね。目が点になります。
【2014/05/27 20:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
せっかくの富士山ツアーは残念な天気でしたね、アラック、仕事で何回もこの辺りに行っているのですが、晴れていれば本当にバグースです。またチャレンジしてみつください。梅、送りますね。
【2014/05/27 18:54】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
こんばんは。
朝霧高原といえば、まかいの牧場です!
牧場で飲むミルクは濃厚ですよ(^^)
白糸の滝もここまで近くで見たことはないのですが、なかなか壮観ですね!
【2014/05/26 22:40】 URL | davidmittu #4jeLTJQM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |