日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

市美裏に藤が咲く

その1
 
IMG_-5805 - コピー-1のコピー

 今年の藤は何処へ行こう?平等院はだめだし、やっぱり鳥羽かここしかない。市立美術館裏の藤棚。撮影は5月2日。

2-IMG_-5785.jpg
その2

 公園に普通にありがちの藤棚だが、柱もコンクリートで風情も何もないが、向こうに広がる庭園がいい。

3-IMG_-5800.jpg
その3

 房も結構長いので、

4-IMG_-5802.jpg
その4

5-IMG_-5812.jpg
その5

 そこそこ画になってくれる。それに人が少ないのが一番かも。

6-IMG_-5813.jpg
その6

 あ、いや、ムクちゃんがやって来た。

7-IMG_-5815.jpg
その7

IMG_-5815 - コピー-7のコピー

 近頃のムクドリはお花見と言うことも覚えたらしい。

8-IMG_-5818.jpg
その8

9-IMG_-5860.jpg
その9

 だが、この咲きっぷりを見れば、お花見もしたくなると言うものだ。

10-IMG_-5883.jpg
その10

 ここの藤は毎年期待を裏切らない、見事な花を見せてくれる。
【2014/05/25 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«富士山一周ツアーその1 富士本宮浅間大社編 | ホーム | 葵のタクシーを見る»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |