日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

奈良桜紀行 @大宇陀又兵衛桜
1-IMG_-1135.jpg
その1

 念願かなって、やっとここへ行くことができた。大宇陀市にある樹齢300年の又兵衛桜。別名瀧桜(たきざくら)とも呼ばれる県の保護樹になっているそうだ。

   これが又兵衛桜かぁ・・・

 城跡の石垣の下には川が流れ、その階段状になった土手には今を盛りの菜の花が黄色い帯を作っている。その上に又兵衛桜が淡い桜色の大きな枝を広げ、その奥に見える濃いピンクの花は桃だろう。

2-IMG_-1144.jpg
その2

 この朝は生憎のどんよりとした空で、空を見上げると桜色が冴えない。

3-IMG_-1149.jpg
その3

 又兵衛桜と同じ高さまで山道を登っていくと、どれだけ高いところに張り出しているのかということがお解り頂けるだろう。

4-IMG_-1151r.jpg
その4

 その近くではこの子が声も高らかに唄っている。こっちを向いて、と言った途端に飛んで行ってしまった。

5-IMG_-1165.jpg
その5

6-IMG_-1175.jpg
その6

7-IMG_-1200.jpg
その7

 あちこちのサイトや写友さんたちが撮っておられるので、どんなところかというのは珍しくもない。それでも実際に自分の目で見るのは格別。ただ、もの凄い人だ。川を挟んで早朝から待ち構えている人もわんさかと見える。夜明け前なら判るが、こんなお昼前になってからずっと三脚を構えていつシャッターを切るのだろう?

 そんなありふれた又兵衛桜ではない、自分の画像はこれ。

8-IMG_-1267.jpg
その8

IMG_-1267 - コピー-8のコピー

 そろそろ出なければいけないという時刻になってから陽が射してきて、ちょうど木の背後から陽が当たり出した。まるで後光だ。この大宇陀の地は、歌人柿本人麻呂が詠んだ、

   「東の野にかぎろひの立つ見へて返り見すれば月傾きぬ」

 の地であり、この後光とは別物であるのは判っていても、どこか神秘的な美しさを感じて夢中になってシャッターを切った。他には誰もこの光に気が付かないのか興味がないのか。自分が好きならそれでいいのだけども。
 まずまずの姿が撮れたが、この光景が自分には一番だった。

9-IMG_-1207.jpg
その9

 そんな桜も背後から見下ろせば全く普通の景色が見える。桃と桜と、そして向かいの山はまだ早春だ。

 そして早春に付きものなのがこれ。

10-IMG_-1191.jpg
その10

11-IMG_-1194.jpg
その11

12-IMG_-1195.jpg 
その12

13-IMG_-1214.jpg
その13

 石垣のそびえる土手に咲いていたカタクリの花。土手を上っていく時にチェック済み。わざわざ教えてくれたおじさんがいたが、先に直ぐに目に入った。これもめちゃくちゃ嬉しかった。下から見上げることができる位置なので、腹ばいになって上に向かってレンズを向けなくてもいいのだ。

 さあ、そろそろ集合時刻、もう一度眺めていこう。次があるかどうか判らない。目に焼き付けなければ。

14-IMG_-1287.jpg
その14

IMG_-1287 - コピー-14のコピー

 何度見てもやっぱり凄い力強さを感じる枝垂れ桜だ。多くの人を魅了するだけの姿だと思った。おっと、後5分しかないが、最後あそこだけは撮っておきたい。

15-IMG_-1300.jpg
その15

 ダッシュで向かったのは北向き地蔵。夜明け、ちょうど朝の燭光が当たるそうだ。

16-IMG_-1302.jpg
その16

 祠の上に覆い被さるように咲く染井吉野は今が盛り。

17-IMG_-1307.jpg
その16

 集合時刻に遅れそうになりながらもこれだけ撮るとは、自分でもちょっと呆れた。

 この続きはまた今度。もう一ヶ所回ったので。日帰りのバス旅行で、4ヶ所のうち半分が既に散った後だった。情報を検索してキャンセルしようかと思ったが、やはり来てよかった。
【2014/05/18 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«献茶式 @下鴨神社 | ホーム | 実光院に石楠花が咲く»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

やっと念願叶いました。
できるならもっと早くから晴れて欲しかったですけどね。
圧巻のロケーションに武士の魂が宿っているような桜、
この感動は言葉では言い表せないほどです。
これがもう少し交通の便がよかったら・・・
【2014/05/18 20:33】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

皆さん行っておられるので、同じのは撮りたくないですね。
二番煎じは。
明け方がいいらしいのですが、
日中でも悪くないと思いました。
【2014/05/18 20:29】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

染井と枝垂れですから、同時は難しいですね。
枝垂れは少し盛りを過ぎようとしていました。
来年の又兵衛を楽しみにしますね。
【2014/05/18 20:26】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今年は行けなかった又兵衛、見せていただけてうれしいです。
この桜の妖艶さ、そして神々しいまでの見事さは、やっぱり写真より直に見るのが一番ですね。
精霊が宿る木、というのはこういう木なのだろうなぁと思える銘木です。
来年は行きたいなぁ~!
【2014/05/18 19:07】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
阿修羅王さん、夢のまた夢の兵衛桜なのに、さらに先を行く素晴らしい瞬間を有り難うございます、バグースです。
神奈川からだと、泊ってもここに行くにはバスだと全く時間が遅くて諦めていたんですよ。
【2014/05/18 07:58】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
北向き地蔵桜、満開でしたね~
又兵衛桜と同時はタイミングが難しいですね!
次回は日付が変わった頃から星の中の又兵衛にトライします(笑)
【2014/05/18 04:16】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |