FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

平等院に藤が咲く
1-IMG_-5140.jpg
その1

 今年の平等院は4月に修復工事が終わったところで(一部継続中だが)、しかもそれに合わせて傷んだ藤をかなり、かな~り剪定したので花芽は殆ど付かなかった。と、サイトでの発表。しかし行ってみなければ判るものか。それに落慶法要の時には不完全燃焼だったのが心残り。ちょうど藤も見頃の時期、雨上がりを狙って。来年はきっと恐ろしい程のお客が入るだろうから、今のうちに新しくなったところを撮っておかねば。撮影は4月30日。

2-IMG_-5149.jpg
その2

 開門を待つ間に受付前の藤を。ちょうど盛りで、この様子だときっと中の藤もいい頃合いだと思われる。

3-IMG_-5159.jpg
その3

4-IMG_-5164.jpg
その4

5-IMG_-5198.jpg
その5

 なんだか、ここの藤棚だけでお腹いっぱいになったような・・・ 白い玉藤は早咲きで、既に盛りは過ぎている。だが玉藤はあまり好きではない。やっぱり長く垂れ下がるのがいい。九尺とまでは言わないが、これくらいはないと。
 熱心に撮っているものだから、出勤してきた職員の方が、もう少し待ってと声を掛けて下さる。いやいや、どうぞお構いなく。開門待ちの人がいない時刻を狙ってきているのだから、この方が都合がいい。

6-IMG_-5203.jpg
その6

 さあ、開門・・・ と言いたいところだが、これは横の通用門から。遠目でよく見えないが、何となく藤が見える。

7-IMG_-5227.jpg
その7

 はい、今度こそ開門。雨上がりでツツジの色が鮮やかで、新緑の色に深みがあるのがよく判る。藤の花が少ないのも・・・

8-IMG_-5234.jpg
その8

 ここの枝を切らずに置いて貰えたのは有り難い。きっと背景を考えてのことなのだろう。と、自分なりに解釈する。

9-IMG_-5268.jpg
その9

10-IMG_-5270.jpg
その10

11-IMG_-5266.jpg
その11

12-IMG_-5277.jpg
その12

IMG_-5277 - コピー-12のコピー

 花数が少ないのは承知の上なので、むしろこれほど咲いてくれたのが有り難いと思う。

13-IMG_-5286.jpg
その13

14-IMG_-5304.jpg
その14

15-IMG_-5368.jpg
その15

 受け付けの女性の方たちが開門の準備をしながら話しておられたのだが、この雨上がりで花が多かったら今日はもの凄い人やろね、と。私もそうだと思う。

16-IMG_-5372.jpg
その16

 長く伸びた蕾の房先が、寂しいから離れたくないと言っているようにしっかりと絡まって藤花のネックレスのようになって揺れていた。
【2014/05/15 21:40】 宇治 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«ペンギンの散歩を見る | ホーム | 京都桜紀行 @龍安寺その2»
コメント
Katsuさん、こんにちは。

紅殻の色は私もとても心配でしたよ。
おかげで何回視察にいったことか(笑)
藤も少ないものの、
これだけ見られたら充分だと思います。
来年は気合いを入れましょうね。
きっと厳しいと思います。
【2014/05/17 17:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
平等院鳳凰堂が新しくなって、どんなふうになるのかと思っていましたが、シックな色で安心しましたよね~。
そして、藤。残念なことに剪定が、と聞いていましたが、少しだけでも房が伸びていて良かったです。
来年に期待!ですよね。
【2014/05/16 23:37】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |