日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

御蔭祭り @下鴨神社
1-IMG_-8221.jpg
その1

 15日の葵祭に先駆けて、下鴨神社では御蔭祭りが行われた。と言ってもこちらも仕事があるので、行けたのは切芝神事東遊奉納のみ。


3-IMG_-8246.jpg
その2

4-IMG_-8253.jpg
その3

2-IMG_-8226.jpg
その4

 糺ノ森に切り芝という祭壇を設けて神霊を下鴨神社に迎える重要な神事だが、この日は生憎の雨模様となった。そのため神馬の背に揺られて来られた神さまは本殿へ入っていただき、そこでの神事となった。そして東遊びの奉納は10年ぶりとなる舞殿で行われた。

5-IMG_-8272.jpg
その5

6-IMG_-8277.jpg
その6

 雅楽の調べが境内に響く中、静かに優雅に舞が始まった。

7-IMG_-8310.jpg
その7

8-IMG_-8348.jpg
その8

IMG_-8348 - コピー-8のコピー

9-IMG_-8356.jpg
その9

10-IMG_-8384.jpg
その10

11-IMG_-8390.jpg
その11

 1曲目が終わると一旦下がり、片袖を脱いで朱の色も鮮やかな袖を露わにして、再び舞台へと進む。

12-IMG_-8398.jpg
その12

13-IMG_-8404.jpg
その13

14-IMG_-8417_20140513221638c18.jpg
その14

15-IMG_-8436_201405132216392de.jpg
その15

16-IMG_-8444.jpg
その16

17-IMG_-8461.jpg
その17

 新緑の中、楼門の朱と衣裳の白がとても綺麗だった。森の中での舞もいいが、ここも捨てがたい。なにしろ直ぐ側で演奏をしているところが見えるのだから。

18-IMG_-8472.jpg
その18

 倭琴のつま弾く音は、平安時代にタイムトリップしているような感覚に襲われた。神事が終わると、小降りだった雨は、いきなり強く降り出したのだった。

 え?誰だ?私が降らせたんじゃないかと言う人は・・・ 

【2014/05/14 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都桜紀行 @龍安寺その2 | ホーム | 京都桜紀行 @岡崎公園疎水»
コメント
eiさん、こんばんは。

この神事は何があってもこの日程で行うそうです。
葵祭のお天気はかなり微妙ですね・・・(-_-;)
【2014/05/14 21:39】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

そうなんよ。ロケーションがばっちり!
屋外もええけど、やっぱり舞殿はよかったね。
できれば演奏中が撮りたかったんやけど、
柱が邪魔して撮れんかったんが心残り。
来年も雨が・・・なんて言うと関係者の人が泣くよね。
やめとこ。
【2014/05/14 21:38】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雨の中行われたようですね。新聞で知りました。
処で15日も雨の予報ですが・・・(笑)
【2014/05/14 05:08】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
たしかに!!
お琴は 普通の和室においてあってもそれっきりのもんやけど、
こんな寝殿造りの屋根の下に置いたら そらもう1000年くらい簡単にタイムスリップするわ。
【2014/05/14 00:16】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |